スペイン南部の港町Cádiz(カディス)は、四方を海に囲まれた街です。

紀元前11世紀頃に、この地に民族が移住してきました。
海に囲まれている立地もあり、のちには貿易港として栄えてきました。

かつてはコロンブスが、カディスからアメリカ大陸を目指して出航したそうです。

街の西端にはCastillo de San Sebastian(サン・セバスチャン城)があります。
要塞は海の中に建てられており、砂浜から要塞までの小さな道を渡って行きます。

1706年に建てられた当初は、灯台があったそうです。
要塞までの道が造られたのは1860年頃で、防波堤の役目も担っています。

  サン・セバスチャン城の隣にはビーチが広がります。
訪れた日はあいにくの大時化でした。

<photo credit: Kirsi L-M The beach, Antiguo Hospicio and Underwater Archaeology Center HQ via photopin (license)>
天気が良いと、とても綺麗なビーチなようです。

ビーチアートなどをしている方もいます。

 

街の北側にはもう一つの要塞Castillo de Santa Catalina(サンタ・カタリーナ城)があります。1597年に建設されました。


18世紀後半から20世紀後半までは刑務所として使用されていたそうです。

 

サンタ・カタリーナ城の隣には、広い公園Parque Genovés(ヘノベス公園)があります。

やたらと大きい植物が多い公園です。
カディスにある巨大な植物などは、コロンブスによってもたらされたものらしいです。

海岸沿いにあるカディス大聖堂は1722年から建設が始まり、
竣工するまでに116年もの歳月がかかっています。
展望台にあがると、街のパノラマが見渡せます。

カディスの街中は歴史ある建物が多く、夏には多くの観光客で賑わっています。

海に囲まれている街だけあり、シーフードが豊富です。
市場では様々なシーフードがみられ、
レストランやタパスでは新鮮な魚介類を堪能できます。

北大西洋に沈む夕日をみられる街でもあります。
アンダルシア地方では珍しい、海あり、ビーチありの街です。

Cádizへのアクセス
アムステルダムからスペイン、セビーリャ空港へ(約3時間)
セビーリャからカディス行の電車(約2時間)

 


*合わせて読みたいEU観光情報*