コーニンクレッカ フィリップス Koninklijke Philips N.V. (Royal Philips)。
オランダ最大の電機メーカーで、アムステルダムに本拠地を置く多国籍企業です。
日本法人である株式会社フィリップス・ ジャパンは、東京都港区港南に所在し、日本では、電気かみそり(シェーバー)や電動歯ブラシで知られています。

<photo credit: SALTOnline Philips factory building in Levent, Istanbul via photopin (license)>

フィリップス社は1891年に創業者ヘラルド・フィリップスが、アイントホーフェンに従業員20名の電球工場を設立したことから始まりました。
1920年代にドゥカティ(イタリアのバイクメーカー)の技術協力を受けたことから、電球の欧州各地への販売に成功し、その後はラジオ受信機、蓄音機、電気通信装置などに拡大し、家電製品から軍需産業まで関与する総合エレクトロニクスメーカーへと成長しました。

<photo credit: Philips Communications Ruber Dental via photopin (license)>

第二次世界大戦では大きな被害・損失を受け、戦後も不採算事業の赤字となり低迷しましたが、その後ヘルスケア・医療機器に力を入れたことにより成功し、今では世界60カ国で10万人以上の従業員を抱える上場企業です。




コンピュータ断層撮影(CT)、核磁気共鳴画像法(MRI)、自動体外式除細動器(AED)などの医療機器分野で高い技術力を持っており、世界中の医療機関へ導入しています。


現在本拠地をアムステルダムへと移動していますが、1891年の創業から1997年まではアイントホーフェンに本社があり、家族経営の電球工場から世界的な大企業と成長してきたフィリップス社は、アイントホーフェンの象徴企業です。
そのため現在でもアイントホーフェンは”電気の街”・”フィリップス社の街”として定着しています。

アイントホーフェンで毎年開催される光の祭典・GLOWフェスティバルにはフィリップス社も協賛しており、毎年斬新な光のインスタレーションを見る事ができます。

<photo credit: Ungry Young Man 2017-12-13_ManUnited06 via photopin (license)>

アイントホーフェンにあるサッカースタジアム、フィリップス・スタジアム(Philips Stadion)はフィリップス社の所有スタジアムで、2006年にはUEFAカップの決勝戦が開催されました。
アイントホーフェンに本拠地を置くサッカークラブPSV(ペーエスフェー)は、フィリップス社の企業クラブとして創設され、2016年までフィリップス社がメインスポンサーでした。

オランダでは、フィリップス社=アイントホーフェン、アイントホーフェン=フィリップス社というぐらいに切り離せない関係となっています。


<photo credit: Ron Theunissen Philips Museum Eindhoven via photopin (license)>

アイントホーフェンにはフィリップス社の博物館があり、世代を問わず楽しむ事ができます。
ここでは創業時代の電球工場の様子や、懐かしさを感じる90年代のデザイン家電、最新のテクノロジーなどを体感する事ができます。
アイントホーフェンにお立ち寄りの時はぜひ立ち寄りたい場所の一つです。

Philips Museum 概要(2018年9月現在)
火〜日:11〜17時
€9.00
ミュージアムカード可
Emmasingel 31, 5611 AZ Eindhoven, オランダ
Philips Museum

*合わせて読みたいオランダ情報*