☆ 広告掲載募集 ☆ 詳しくはコチラから ☆

アムステルダム

オランダを観光

【アムステルダム】キングスデーのイベント情報

キングスデーのアムステルダムはパーティーシティー。フォンデルパークなど大きな公園では早朝からフリーマケットが開催されアムステルダムの運河にはたくさんのボートがスピーカーを携えて爆音で走行していきます。各所の広場では音楽フェスが開催され若者で朝から晩までお祭り騒ぎです。人気の会場を幾つかご紹介します。
オランダの食

【オランダビール】アムステルダム代表 AMSTEL BIER

ビールなのに真っ赤なパッケージのアムステルビールはアムステルダムを代表するのビールブランド。現在はアムステルダムに酵造所はありませんが特徴的なパッケージカラーはアムステルダム市の公式カラーと同色となっています。
オランダの歴史

認められなくても絵を描き続けたゴッホの画家人生

高名な牧師だった祖父の名を継いでフィンセントと名付けらたゴッホは5人弟妹の長男。癇癪や奇行が多く家族からも疎まれていましたが弟テオとだけは仲良しでした。生前には認められることが無かったゴッホの絵画ですが、現在は世界に名を残す名作となっています。
オランダの芸術

バスタブ型の建物が特徴のアムステルダム市立美術館

薄くて大きな屋根はベンサム・クロウェル・ウィングという名称がありますが、通称がバスタブです。ミュージアム広場にある巨大なバスタブの美術館はでは現代アートやインスタレーションが多く開催される美術館です。
オランダの芸術

【アムステルダム】奇跡の音響環境を備えた音楽堂コンセルトヘボウの歴史

アムステルダムのコンセルトヘボウは1888年にオープンした歴史ある音楽堂。音楽ホールとしてはありえない直方体形状そして天窓があるにもかかわらず、交響曲を奏でるのに最高の音楽堂・世界ベスト3にランクインしている奇跡の音楽ホールです。
オランダの歴史

【アムステルダム】引越し好きの国立美術館の歴史

レンブラントやフェルメールなどの作品をコレクションするオランダ最大の美術館。歴史を感じる風貌がありますが建物は19世紀後半に建設された旧市街地の住宅よりも新しい建築。現国立美術館が建設されるまでの85年間は美術品がオランダ国内を転々と移動していました。
オランダの歴史

【アムステルダム】100年の沈黙・ミュージアム広場の歴史

アムステルダムの芸術文化施設が集結するミュージアム広場は国立美術館、市立美術館、ゴッホ美術館、音楽堂が広場を囲うように建ち並び、イベントやお祭りやデモ会場にもなる、観光客にも市民にも重要な広場。何もないようで秀逸なデザインの広場になっています。
オランダを観光

【アムステルダム】ダム広場周辺の観光スポット情報

アムステルダムといえばダム広場。かつては貿易や漁船用の港に隣接した広場でしたが、今では観光スポットの広場となっています。ダム広場の大通りをはさんだ対面には戦没者慰霊塔があり毎年5月には追悼式が開かれ国王も訪れます。ダム広場は繁華街の中心でアムステルダム駅前のメインの観光スポットで見所満載です。
オランダの歴史

【アムステルダム】市庁舎→宮殿→別荘→空き家の王宮

ダム広場のシンボルとなっている王宮が建設されたのは17世紀ですが歴代オランダ国王はこの宮殿に居住したことがありません。元々は市庁舎として建設された建物は「世界の第八不思議」との異名がつけられるほど莫大な費用によって建設されました。
オランダの芸術

【オランダ】国王の戴冠式場 ダム広場の新教会ニューウェ・ケルク

ダム広場にある新教会が建てられたのは今から600年前ととても古い建物ですが現在でも新教会と呼ばれています。新教会は歴代オランダ国王が戴冠式を行う王立教会ですが、普段は美術館となっていて季節ごとに様々な展示を見ることができます。
オランダの歴史

【オランダ】アムステルダムの始まりの堤防・ダム広場の歴史

海抜ゼロメートル地帯で国土を開拓してきたオランダはダム(堤防)によって守られた国です。オランダの大都市アムステルダムは「アムステル川のダム」、ロッテルダムは「ロッテ川のダム」と地名に堤防によって形成された街であることがみてとれます。
オランダのデザイン

【ダッチデザイン】アムステルダム東部港湾エリアの人工島で建築巡り

アムステルダムの東部湾岸住宅地のKNSM島、JAVA島、Borneo島、Sporenburg島は元々は埠頭でした。19世紀末に貿易港がロッテルダムへと集約された後に多くの建築家により大規模な都市開発がされたエリアで20世紀の名建築が集まっている建築スポットです。
オランダのデザイン

【アムステルダム】運河上の船舶生活・ハウスボートは高級戸建て住宅

オランダの運河に浮かぶ住宅ハウスボートは国内で1万隻以上もあります。首都アムステルダムにある2256隻ものハウスボートは高級住宅ポジション。かつては出稼ぎ労働者のシェルターだった歴史もあるハウスボートについて学べるミュージアムで船内を見学してきました。
オランダの芸術

アムステルダムで最も古い旧教会のOude Kerk

アムステルダムで最も古い教会の旧教会はミュージアムカードが使える美術館です。古い建物に現代アートが展示されたり、インスタレーションなどが催され、建築と芸術の対比が楽しめる企画が多く人気があります。
オランダの歴史

【オランダ】アムステルダムの歴史と街並み

オランダ最大の都市アムステルダムは小さな漁村として始まり、13世紀に堤防を築きその後は港町として栄えてきました。アムステル川のダム→アムステルダムという捻りの無いネーミングですが今ではヨーロッパ屈指の都市として発展しています。
オランダのお店

【アムステルダムのデザインストア】Dille&Kamilleと&kleveringとWithout Home

アムステルダム市街地のデザインショップのご紹介その2。アムステルダム中央駅からウェスターパークへと向かう、小洒落たお店が多いハールレンメル通りの、Dille & Kamilleと&klevering、Store Without a Homeの3店はデザインショップ巡りには欠かせないお店です。
オランダのお店

【アムステルダムのデザインストア】Søstrene GreneとSpiegelとWonder Wood

アムステルダムセントラルはお土産やさんだけではなく、観光中に立ち寄れる徒歩圏内のデザインショップも数多くあります。 市街地のお店、Søstrene GreneとSpiegel 100% Dutch、WonderWoodをご紹介します。
オランダのお店

【アムステルダム】Staalstraatのデザインストア・DroogとShop de Ville

大通りから少し外れた車両通行禁止の狭い路地で、観光では訪れないような通りなのですが、意外にもデザインショップやお洒落ショップが並んでいます。人通りが少ないからか、店舗の入れ替わりも早いのですがスタール通りのデザインストアも必見です。
オランダのお店

【アムステルダム】KNSMのデザインストア・Pols PottenとSissy-Boy

近代建築の多い住宅地なのですが、その中にあるLOODS6はもともと倉庫だった建物で、今はお店やレンタル会議室などになっています。繁華街からは外れたエリアですが、LOODS6に入っているPols PottenとSissy-Boyは訪れたいデザインショップです。
オランダのお店

【アムステルダム】超大型フリーマーケット IJ-Hallenに行こう

アムステルダムにはたくさんのマーケットがありますが、その中でもヨーロッパ最大規模と云われているアイ・ハーレンのフリーマッケット。月に1度開催されているフリーマーケットで有料ですが地元の人も買い物に行くほどの人気がありお祭りのようなフリーマーケットです。