☆ 広告掲載募集 ☆ 詳しくはコチラから ☆

歴史

オランダの歴史

【オランダ】135年続くキングスデーの歴史

4月27日はウィレム・アレクサンダー国王の誕生日です。 この日はKoninginnedagといわれ祝日となり、 オランダ国民一丸ととなって国王の誕生日を盛大にかつクレイジーにお祝いする日です。キングスデーは国内最大級のイベント行事、今では観光行事の1つとなっていますが、もともとは王女様の誕生日パレードが始まりでした。
オランダの歴史

キングスデーの前にオランダ国王について勉強しよう!

毎年4月27日はキングスデー。オランダ国王の誕生日を、国民全員がお祝いする日ですが、今ではオランダ全土でパーティーが開催されるようなビックイベントデーになっています。キングスデーでお祭り騒ぎを楽しむのなら、オランダ国王のことも知っておくべきだと思い、調べてみました。
オランダの歴史

【オランダ】チューリップの歴史とチューリップマニア

オランダにはチューリップマニアと言う言葉があります。17世紀オランダにてオスマン帝国からもたらされた球根の価格が異常に高騰し突然暴落したチューリップのバブル〜バブル崩壊 の時代。このバブル期のことをチューリップマニアと呼び、現在でもオランダでは大規模な経済的バブルのことをチューリップマニアと比喩することがあります。
オランダのクリスマス

【オランダ】白馬のおジジがやってくるシンタクラースの日

一説ではシンタクラースはトルコからオランダへとやってきた子ども達に優しい司祭でオランダ滞在中はアムステルダムに在住しておりその後スペインへと渡ったと云われています。一方サンタクロースはシンタクラースの話が起源になったとされています。
オランダの歴史

【権力争いに巻き込まれたアムステルダムの広場】ミュージアムプレイン

ミュージアム広場の周りには国立美術館、市立美術館、ゴッホ美術館、音楽堂 が広場を囲うように建ち並び、アムステルダムの芸術文化が集中しています。昔からお祭りやデモ活動などで地元民に解放された広場となっています。
オランダの歴史

【アムステルダム】市庁舎→宮殿→別荘→空き家の王宮

ダム広場のシンボルとなっている王宮が建設されたのは17世紀ですが歴代オランダ国王はこの宮殿に居住したことがありません。元々は市庁舎として建設された建物は「世界の第八不思議」との異名がつけられるほど莫大な費用によって建設されました。
オランダの歴史

【オランダ】アムステルダムの始まりの堤防・ダム広場の歴史

海抜ゼロメートル地帯で国土を開拓してきたオランダはダム(堤防)によって守られた国です。オランダの大都市アムステルダムは「アムステル川のダム」、ロッテルダムは「ロッテ川のダム」と地名に堤防によって形成された街であることがみてとれます。
オランダのデザイン

【アムステルダム建築スポット】東部港湾地区の4つの人工島

旧市街地北端の人工島。KNSM島、JAVA島、Borneo島、Sporenburg島。これらの埠頭整備が完成されたのは19世紀末でした。その後船舶の大型化により貿易港機能はロッテルダムへと集約されたため、この地区の埠頭としての役割は1960年代に終焉を迎えました。
オランダのデザイン

【アムステルダムの運河上の生活】船舶住宅のハウスボート

オランダ国土を100とすると、元々の陸地が55、干拓地が30、水路・運河が15になります。アムステルダムの運河は合計全長100km以上あり、そこには1500基以上の橋が架かっています。そしてその運河上には2256隻ものハウスボートがあるそうです。
オランダの歴史

【オランダ】アムステルダムの歴史と街並み

オランダ最大の都市アムステルダムは小さな漁村として始まり、13世紀に堤防を築きその後は港町として栄えてきました。アムステル川のダム→アムステルダムという捻りの無いネーミングですが今ではヨーロッパ屈指の都市として発展しています。
オランダの歴史

【デン・ハーグ】オランダの永田町 ビネンホフの歴史

オランダの第3の都市ハーグには国会議事堂や大使館などが集まる行政の中心地。ビネンホフには広場を中心に議事堂や官庁が集まっていて議事堂は現在も使用されているヨーロッパで最も古い国会議事堂になります。