☆ 広告掲載者募集中 ☆ 詳しくはコチラから ☆

歴史

オランダの歴史

アムステルダムの始まりの広場・ダム広場の歴史

海抜ゼロメートル地帯で国土を開拓してきたオランダは、ダムによって守られた国です。オランダの大都市、アムステルダムはアムステル川のダム、ロッテルダムはロッテ川のダムと、地名に堤防によって形成された街であることがみてとれます。
オランダの建築

【アムステルダム建築スポット】東部港湾地区の4つの人工島

旧市街地北端の人工島。KNSM島、JAVA島、Borneo島、Sporenburg島。これらの埠頭整備が完成されたのは19世紀末でした。その後船舶の大型化により貿易港機能はロッテルダムへと集約されたため、この地区の埠頭としての役割は1960年代に終焉を迎えました。
オランダの建築

【アムステルダムの運河上の生活】船舶住宅のハウスボート

オランダ国土を100とすると、元々の陸地が55、干拓地が30、水路・運河が15になります。アムステルダムの運河は合計全長100km以上あり、そこには1500基以上の橋が架かっています。そしてその運河上には2256隻ものハウスボートがあるそうです。
オランダの歴史

【オランダ】アムステルダムの歴史と街並み

ネーデルラント王国、首都アムステルダムはオランダ最大の都市です。もともとアムステルダムは小さな漁村でしたが13世紀にアムステル川に堤防を築きその後は港町として栄えてきました。アムステル川のダム→アムステルダムという捻りの無いネーミングですが今ではヨーロッパ屈指の都市として発展しています。
オランダの歴史

【デン・ハーグ】オランダの永田町・ビネンホフの歴史

オランダの第3の都市ハーグは首都ではないものの国会議事堂や大使館などが集まりオランダの行政の中心地となっています。ビネンホフには広場を中心に議事堂や官庁が集まっていて議事堂は現在も使用されているヨーロッパで最も古い国会議事堂になります。