☆ 広告掲載者募集中 ☆ 詳しくはコチラから ☆

歴史

+Dutchノート

アムステルダムの歴史をインスタグラムで見てみよう

Then and Now Amsterdamさんのインスタグラムでは写真でオランダの歴史を楽しむ事ができます。1900年前後のアムステルダムの写真を、全く同じアングルでの現在の写真と一緒に掲載していてとても興味深いです。
+Dutchノート

オランダのユーチューバーさんの技術がすごい

戦後に撮られた映像を修復してYouTubeにアップしているダッチ・ユーチューバーのRick88888888さん。1900年代前半のフィルム映像をデジタル化し、その上さらにカラー化しているとても貴重な資料映像です。
オランダを観光

行ってみたらそこそこ見所満載な街ライデン

オランダで2番目に人口密度の高い都市ライデン。アムステルダムから電車で約35分ほどのところにあるオランダ最古の大学都市であり画家レンブラント生誕の街です。ライデン市のマークライデンの街中でよく見かけるのが2つの鍵がクロスした紋章がライデン市のマークになっています
オランダの芸術

【オランダの巨匠画家】光と影の魔術師・レンブラント画伯

17世紀のオランダ画家の巨匠レンブラントには光と影の魔術師という異名があります。レンブラントの絵画の特徴として全体的に暗い色が多い中で部分的にスポットライトを当てたかのように明るい色の表現が多く用いられその明暗のコントラストが緊張感や心情を表しています。
オランダを観光

【オランダ】旧王家の墓所・古都デルフトを観光しよう

1572年にオラニエ公ウィレム1世が居住した地がデルフトです。1584年にオラニエ公ウィレム1世が暗殺されオランダ王家オラニエ公一族は伝統的にデルフトに埋葬されています。ちなみにこの頃の日本は安土桃山時代。織田信長が暗殺された本能寺の変は1582年の出来事です。
オランダの芸術

【オランダ巨匠画家】ラピスラズリに魅了されたフェルメール画伯の逆玉人生

17世紀の画家は決して裕福な暮らしではなく副業をしていることが多い中フェルメールは画家一筋で生計を立て生涯を終えています。フェルメールの父はバーとホテルを経営しており借金があったそうです。裕福とはいえない家庭だったフェルメールですが資産家の娘と結婚し奥さんの実家からの援助を受けまさしく逆玉の輿へ大出世しています。
オランダを観光

コピー品発祥だけど名誉称号授与・オランダ王室御用達のデルフトブルー

オランダ王室御用達のデルフトブルー。青色の絵付けを施されている陶器はオランダの伝統工芸品でデルフトブルーと呼ばれます。ファイアンス焼きと呼ばれる技法の陶器は、9世紀以前の古えより伝わった技法で、オランダで主流になったのは16世紀になってからでした。
オランダの食

【オランダ】800年のゴーダチーズ歴史・古都ゴーダを観光しよう

オランダのチーズ生産量の60%を占めているゴーダチーズは日本人好みのクリーミーでクセのない風味が特徴です。発祥は1184年までさかのぼり今でも作られているチーズの中で世界で最も古い製法のチーズとなっています。現在ではほとんどが工場生産となっていますが300人ほどのチーズ職人は伝統的な製法で今でも作っています。
オランダを観光

【オランダ】近代建築都市ロッテルダムができるまでの歴史

ロッテルダムの街並みは近代建築が多く、他の都市のような歴史ある街並みとは異なります。それは第二次世界大戦時にナチス軍により、爆撃をうけて都市のほとんどが消し飛んだためです。空襲の4日後から復興計画をたて凄まじく変貌をとげた街並みはオランダで1番のモダンな近代都市です。
オランダを観光

【オランダ】歴史と食の街マーストリヒトで見たい食べたい観光スポット

フランスの支配下だった歴史があり土地的に隣国のベルギーやドイツに挟まれていることから他国の文化の影響を大きく受けており街並み。オランダなのにオランダではないヨーロッパの風景が堪能できる歴史ある古都マーストリヒト。ヨーロッパ各国の様々な食文化の影響を強く受けておりマーストリヒトは美食の街だ!と言われています。
オランダの歴史

オランダ最大の電機メーカーのコーニンクレッカ・フィリップス

コーニンクレッカ フィリップスはオランダ最大の電機メーカーです。1891年の創業から1997年まではアイントホーフェンに本社があり家族経営の電球工場から世界的な大企業と成長してきたフィリップス社はアイントホーフェンの象徴企業です。そのため現在でもアイントホーフェンは電気の街、フィリップス社の街として定着しています。
オランダを観光

中世の大都市だったユトレヒトの歴史

ユトレヒトは中世時代の街並みを残しながら近代的な建物も市街地内に数多く建てられており古き良きモノと新しいモノの両方がバランスよく交わった街となっています。ユトレヒトは住みたい街ランキング上位常連都市で、アムステルダムに次いで家賃が高くなっています。そんなユトレヒトの街を調べてみました。
オランダの歴史

【オランダの風車】の歴史と概要を知ろう!

オランダの経済成長は風力を基盤に成長してきたので国内にたくさんの風車がありました。時代とともに風車の数が減ってしまったそうですが、まだまだ多く残っています。オランダといえば風車、オランダの風車についてちょっとだけ勉強してみようと思い調べました。
オランダの歴史

【オランダ】キングスデーとダッチオレンジの歴史

キングスデーに欠かせないのは、何と言ってもオレンジ色です。オランダの衣料品店やお土産やさんでも、キングスデーが近づくと様々なオレンジ色の物が売り出されます。またスーパーマーケットのお菓子コーナーも、この時期はオレンジ色のお菓子が多くなります。なぜオレンジ?と思ったので調べてみました。
オランダの歴史

【オランダ】キングスデーの歴史を探ってみよう

4月27日はウィレム・アレクサンダー国王の誕生日です。 この日はKoninginnedagといわれ祝日となり、 オランダ国民一丸ととなって国王の誕生日を盛大にかつクレイジーにお祝いする日です。キングスデーは国内最大級のイベント行事、今では観光行事の1つとなっていますが、もともとは王女様の誕生日パレードが始まりでした。
オランダの歴史

キングスデーの前にオランダ国王について勉強しよう!

毎年4月27日はキングスデー。オランダ国王の誕生日を、国民全員がお祝いする日ですが、今ではオランダ全土でパーティーが開催されるようなビックイベントデーになっています。キングスデーでお祭り騒ぎを楽しむのなら、オランダ国王のことも知っておくべきだと思い、調べてみました。
オランダの歴史

【オランダ】チューリップの歴史とチューリップマニア

オランダにはチューリップマニアと言う言葉があります。17世紀オランダにてオスマン帝国からもたらされた球根の価格が異常に高騰し突然暴落したチューリップのバブル〜バブル崩壊 の時代。このバブル期のことをチューリップマニアと呼び、現在でもオランダでは大規模な経済的バブルのことをチューリップマニアと比喩することがあります。
オランダを観光

【オランダ】白馬のおジジがやってくるシンタクラースの日

一説ではシンタクラースはトルコからオランダへとやってきた子ども達に優しい司祭でオランダ滞在中はアムステルダムに在住しておりその後スペインへと渡ったと云われています。一方サンタクロースはシンタクラースの話が起源になったとされています。
オランダの歴史

【権力争いに巻き込まれたアムステルダムの広場】ミュージアムプレイン

ミュージアム広場の周りには国立美術館、市立美術館、ゴッホ美術館、音楽堂 が広場を囲うように建ち並び、アムステルダムの芸術文化が集中しています。昔からお祭りやデモ活動などで地元民に解放された広場となっています。
オランダの歴史

アムステルダムの始まりの広場・ダム広場の歴史

海抜ゼロメートル地帯で国土を開拓してきたオランダは、ダムによって守られた国です。オランダの大都市、アムステルダムはアムステル川のダム、ロッテルダムはロッテ川のダムと、地名に堤防によって形成された街であることがみてとれます。