☆ 広告掲載募集 ☆ 詳しくはコチラから ☆

歴史

オランダの歴史

【ヨーロッパ史】ドイツのホロコースト博物館・ザクセンハウゼン強制収容所

ドイツの首都ベルリンの北部にあるザクセンハウゼン強制収容所は現在は追悼博物館となっており戦時中にどのような状況だったのか、ホロコーストの悲劇を後世にも伝えるべく残されています。強制収容所がどのような施設なのかを写真と一緒にご紹介したいと思います。
オランダの歴史

【ヨーロッパ史】アンネ・フランク 15年間の短い生涯

アンネは13歳からの2年間を隠れて暮らし、生前最後の半年間はホロコースト(強制収容所)での厳しい生活を虐げられ、最後は誰にも看取られずに15歳の時に伝染病で命を落としました。そんなアンネの生涯を今週は学んでみました。
オランダの歴史

【ヨーロッパ史】ユダヤの歴史とホロコースト

前回はユダヤの始まりを中心に学んだので、今回はヨーロッパに散らばって移住したユダヤ人がどのような生活を虐げられてきたのか18世紀〜現在までの歴史をまとめました。迫害や虐殺の話が主となるので重くて暗い話となっています。
オランダの歴史

【ヨーロッパ史】始まりの「ユダ」からユダヤを学ぼう

「ユダヤ」の始まりは紀元前までさかのぼり3000年以上もの長い歴史があります。ユダヤの歴史を探る7つのキーワードを元にユダヤの起源からオランダに港町が誕生する13世紀までの歴史を調べてみました。
バックナンバー

2022年1月 ユダヤについて勉強してみよう

歴史はその国の文化や国民性を形成してきた基盤になっています。ヨーロッパ史で誰もが耳にしたことがあるのが「ユダヤ」や「ナチス」のワード。正直このワードについての知識がほぼゼロです。お勉強も兼ねて「ユダヤ」について調べて学んでみたいと思います。
オランダを観光

【オランダ】パンパス砦へフェリーの旅・アムスから日帰り観光

アイ湖に浮かぶ人工島パンパスはハイスペックの軍事施設として1887年に建設されました。ですがパンパス砦はいかなる戦争行為にも使用されることはありません。争いが無いに越したことはありませんが、まさに豚に真珠、猫に小判なパンパス砦の歴史です。
+Dutchノート

アムステルダムの歴史をインスタグラムで見てみよう

Then and Now Amsterdamさんのインスタグラムでは写真でオランダの歴史を楽しむ事ができます。1900年前後のアムステルダムの写真を、全く同じアングルでの現在の写真と一緒に掲載していてとても興味深いです。
+Dutchノート

オランダのユーチューバーさんの技術がすごい

戦後に撮られた映像を修復してYouTubeにアップしているダッチ・ユーチューバーのRick88888888さん。1900年代前半のフィルム映像をデジタル化し、その上さらにカラー化しているとても貴重な資料映像です。
オランダを観光

行ってみたらそこそこ見所満載な街ライデン

オランダで2番目に人口密度の高い都市ライデン。アムステルダムから電車で約35分ほどのところにあるオランダ最古の大学都市であり画家レンブラント生誕の街です。ライデン市のマークライデンの街中でよく見かけるのが2つの鍵がクロスした紋章がライデン市のマークになっています
オランダの芸術

【オランダの巨匠画家】光と影の魔術師・レンブラント画伯

17世紀のオランダ画家の巨匠レンブラントには光と影の魔術師という異名があります。レンブラントの絵画の特徴として全体的に暗い色が多い中で部分的にスポットライトを当てたかのように明るい色の表現が多く用いられその明暗のコントラストが緊張感や心情を表しています。
オランダを観光

【オランダ】王家の墓所・古都デルフトを観光しよう

かつては王家の居住地で政治の中央だったデルフトには歴史的建造物が集まっています。旧教会には画家フェルメールが埋葬されており、新教会の地下はオランダ王族のお墓となっています。
オランダの芸術

【オランダ】古都デルフトとフェルメールのゆかりの地

真珠の耳飾りの少女に使われているフェルメールブルーと呼ばれる顔料は鉱石ラピスラズリ。貴重な絵の具を使えるほど裕福だったフェルメールは生涯を制作活動だけに専念しました。1作品の完成に長い時間をかけていたオランダ黄金時代を代表する画家です。
オランダを観光

【オランダ】名誉称号授与・王室御用達のデルフトブルーの歴史

古来のファイアンス焼き技法をベースにオランダ流の陶磁器が出来上がったのは16世紀末。青色の絵付けを施されている伝統工芸品の陶磁器デルフトブルーは一度は消えかかった工芸技術ですが今ではオランダ王室御用達です。
オランダの食

【オランダ】800年のゴーダチーズ歴史・古都ゴーダを観光しよう

ゴーダチーズとストロープワッフル発祥の町ゴーダ。毎年開催されるゴーダのチーズマーケットでは伝統的なスタイルを見る事ができます。歴史ある古都を散策し、焼きたてのストロープワッフルを食べて、チーズをお土産に購入できるオランダが詰まった町です。
オランダを観光

【オランダ】ロッテルダムの歴史と建築史

歴史があるのに近代的な建物しかないロッテルダム。第二次世界大戦により都市のほとんどが消し飛んだ過去があります。空爆の4日後から復興計画をスタートさせ猛スピードで変貌をとげた街並みはオランダで1番のモダンな都市となりました。
オランダを観光

【オランダ】歴史と食の街マーストリヒトで見たい食べたい観光スポット

フランスの支配下だった歴史があり土地的に隣国のベルギーやドイツに挟まれていることから他国の文化の影響を大きく受けており街並み。オランダなのにオランダではないヨーロッパの風景が堪能できる歴史ある古都マーストリヒト。ヨーロッパ各国の様々な食文化の影響を強く受けておりマーストリヒトは美食の街だ!と言われています。
オランダの歴史

オランダ最大の電機メーカーのコーニンクレッカ・フィリップス

コーニンクレッカ フィリップスはオランダ最大の電機メーカーです。1891年の創業から1997年まではアイントホーフェンに本社があり家族経営の電球工場から世界的な大企業と成長してきたフィリップス社はアイントホーフェンの象徴企業です。そのため現在でもアイントホーフェンは電気の街、フィリップス社の街として定着しています。
オランダを観光

【オランダ】中世の大都市ユトレヒトの歴史

オランダ住みたい街ランキング上位常連都市のユトレヒトは中世時代の街並みを残しながら近代的な建物も市街地内に数多く建てられており古き良きモノと新しいモノの両方がバランスよく交わった街となっています。
オランダの歴史

【オランダ】風車の歴史を学ぼう

オランダの経済成長は風力を基盤に成長してきたので国内にたくさんの風車がありました。時代とともに風車の数が減ってしまったそうですが、まだまだ多く残っています。オランダといえば風車、オランダの風車についてちょっとだけ勉強してみようと思い調べました。
オランダの歴史

【ダッチオレンジ】オランダのイベントで欠かせないオレンジ色の歴史と伝説

キングスデーに欠かせないのは、何と言ってもオレンジ色です。オランダの衣料品店やお土産やさんでも、キングスデーが近づくと様々なオレンジ色の物が売り出されます。またスーパーマーケットのお菓子コーナーも、この時期はオレンジ色のお菓子が多くなります。なぜオレンジ?と思ったので調べてみました。