☆ 広告掲載募集 ☆ 詳しくはコチラから ☆

美術館

オランダの芸術

バスタブ型の建物が特徴のアムステルダム市立美術館

薄くて大きな屋根はベンサム・クロウェル・ウィングという名称がありますが、通称がバスタブです。ミュージアム広場にある巨大なバスタブの美術館はでは現代アートやインスタレーションが多く開催される美術館です。
オランダの芸術

【アムステルダム】奇跡の音響環境を備えた音楽堂コンセルトヘボウの歴史

アムステルダムのコンセルトヘボウは1888年にオープンした歴史ある音楽堂。音楽ホールとしてはありえない直方体形状そして天窓があるにもかかわらず、交響曲を奏でるのに最高の音楽堂・世界ベスト3にランクインしている奇跡の音楽ホールです。
オランダの歴史

【アムステルダム】引越し好きの国立美術館の歴史

レンブラントやフェルメールなどの作品をコレクションするオランダ最大の美術館。歴史を感じる風貌がありますが建物は19世紀後半に建設された旧市街地の住宅よりも新しい建築。現国立美術館が建設されるまでの85年間は美術品がオランダ国内を転々と移動していました。
オランダの歴史

【アムステルダム】100年の沈黙・ミュージアム広場の歴史

アムステルダムの芸術文化施設が集結するミュージアム広場は国立美術館、市立美術館、ゴッホ美術館、音楽堂が広場を囲うように建ち並び、イベントやお祭りやデモ会場にもなる、観光客にも市民にも重要な広場。何もないようで秀逸なデザインの広場になっています。
オランダの歴史

【アムステルダム】市庁舎→宮殿→別荘→空き家の王宮

ダム広場のシンボルとなっている王宮が建設されたのは17世紀ですが歴代オランダ国王はこの宮殿に居住したことがありません。元々は市庁舎として建設された建物は「世界の第八不思議」との異名がつけられるほど莫大な費用によって建設されました。
オランダの芸術

【オランダ】国王の戴冠式場 ダム広場の新教会ニューウェ・ケルク

ダム広場にある新教会が建てられたのは今から600年前ととても古い建物ですが現在でも新教会と呼ばれています。新教会は歴代オランダ国王が戴冠式を行う王立教会ですが、普段は美術館となっていて季節ごとに様々な展示を見ることができます。
オランダのデザイン

【アムステルダム】運河上の船舶生活・ハウスボートは高級戸建て住宅

オランダの運河に浮かぶ住宅ハウスボートは国内で1万隻以上もあります。首都アムステルダムにある2256隻ものハウスボートは高級住宅ポジション。かつては出稼ぎ労働者のシェルターだった歴史もあるハウスボートについて学べるミュージアムで船内を見学してきました。
オランダの芸術

アムステルダムで最も古い旧教会のOude Kerk

アムステルダムで最も古い教会の旧教会はミュージアムカードが使える美術館です。古い建物に現代アートが展示されたり、インスタレーションなどが催され、建築と芸術の対比が楽しめる企画が多く人気があります。
オランダの芸術

【オランダ】拷問器具のオンパレード・デンハーグの監獄博物館

デンハーグにある監獄博物館はビネンホフの正門として13世紀に建設されましたが15世紀から19世紀までは監獄として使われ罪の重い犯罪者が収容されていました。この監獄博物館はガイド付きツアーに参加しなければ見学する事ができない博物館です。
オランダの芸術

【オランダ】だまし絵の巨匠 デン・ハーグのエッシャー美術館

オランダ人画家のマウリッツ・コルネリス・エッシャーは美術の教科書で目にしたことある階段を登り続ける絵を描いた人です。オランダが誇るグラフィック・アーティストのエッシャーの美術館ではトリックアートを直に体感することができます。
オランダの芸術

【オランダ】量より質!名作揃いのマウリッツハイス王立美術館

建物は17世紀に建てられたオランダ古典様式の歴史的建造物です。黄金時代の絵画が収蔵されており、フェルメールの「真珠の耳飾りの少女」を見に世界中から多くの観光客が押し寄せる人気の美術館です。
オランダの芸術

【ハールレム】ゴシック様式の変種・大聖堂バフォ教会

ハールレムにある大聖堂バフォ教会は街の中心に位置しランドマークとなっているゴシック建築の教会です。大聖堂バフォ教会はオランダの重要文化財De Rijksdienst voor de Monumentenzorgのトップ100に入る歴史的建造物です。
オランダの芸術

【ハールレム】笑いの巨匠画家フランス・ハルスの美術館

フランス・ハルスは17世紀のオランダで活躍した巨匠画家で、レンブラントと同時代に活躍しているオランダ絵画の黄金時代を代表する画家の1人です。人々の生き生きとした表情を捉える描写力は卓越しており、笑っている人物画を多く描いたことから「笑いの画家」と呼ばれました。
オランダの芸術

【ハールレム】オランダ初の博物館、テイラース博物館

「知識が人類を豊かにすることができる」というピーター・テイラーの意志により、彼の資産は芸術と科学の推進を目的とした財団に置くべきであるとして、オランダ初の博物館として建てられたのがテイラーズ博物館です。