☆ 広告掲載者募集中 ☆ 詳しくはコチラから ☆

美術館

オランダの芸術

【アムステルダム】倉庫街の体験型アート・ミュージアムAmaze Amsterdam

アムステルダムに新しくできた体験型アート・ミュージアムAmaze Amsterdamはビジュアルとオーディオで体感する新しい形の美術館です。芸術の秋に新しいスタイルのアート鑑賞を体験してみてはいかがでしょうか。
オランダの芸術

【アムステルダム】北教会のインスタレーション(10月31日まで)

アムステルダムの北教会で開催されているVincent Meets Rembrandt(ゴッホとレンブラントの出会い)は体験型のアートで、とても素敵なプロジェクターマッピングだったのでご紹介です。 ※2021年10月31日までの展覧会です。
オランダを観光

【オランダ】マウデンを探索・アムスから日帰り観光 

マウデンのお城の形状はゲームに出てくるアイコンのような建物で素敵です。半日でも十分に観光できるコンパクトな町なので、パンパス観光と合わせて1日で周ることができます。
オランダの芸術

【アムステルダム】9ストリートでアート巡り9スポット

雑貨屋、アパレル、飲食店を9店舗ずつ紹介してきたので、アート情報も9箇所!っといきたかったんですが、9ストリートのエリア内では発見しきれませんでした。なので9ストリート周辺も込みでのアート情報9スッポットのご紹介です。秋の散策の参考に!
オランダの建築

【ダッチデザイン】建築ツアーを開催している建築センターARCAM

オランダとアムステルダムの建築を知れる・学べるスポットARCAM。建物内はギャラリーになっていて入館無料です。建築本も多く揃っています。建築ツアーも毎週開催しています。建築入門にはARCAMへ訪れてみてください。
オランダの芸術

【オランダの巨匠画家】光と影の魔術師・レンブラント画伯

17世紀のオランダ画家の巨匠レンブラントには光と影の魔術師という異名があります。レンブラントの絵画の特徴として全体的に暗い色が多い中で部分的にスポットライトを当てたかのように明るい色の表現が多く用いられその明暗のコントラストが緊張感や心情を表しています。
オランダの芸術

【オランダ巨匠画家】ラピスラズリに魅了されたフェルメール画伯の逆玉人生

17世紀の画家は決して裕福な暮らしではなく副業をしていることが多い中フェルメールは画家一筋で生計を立て生涯を終えています。フェルメールの父はバーとホテルを経営しており借金があったそうです。裕福とはいえない家庭だったフェルメールですが資産家の娘と結婚し奥さんの実家からの援助を受けまさしく逆玉の輿へ大出世しています。
オランダを観光

コピー品発祥だけど名誉称号授与・オランダ王室御用達のデルフトブルー

オランダ王室御用達のデルフトブルー。青色の絵付けを施されている陶器はオランダの伝統工芸品でデルフトブルーと呼ばれます。ファイアンス焼きと呼ばれる技法の陶器は、9世紀以前の古えより伝わった技法で、オランダで主流になったのは16世紀になってからでした。
オランダの建築

【オランダ】ロッテルダムでダッチデザイン建築巡り

近代都市ロッテルダムはダッチデザインの近代建物が多くある国際的な建築都市です。戦後の復興で様変わりしたロッテルダム。市街地の建物のほとんどが1950年以降に建てられている新都市です。ロッテルダム観光といえば建築巡りがメインになります。ロッテルダムで是非ともみたい建築物を全11物件ご紹介します。
オランダを観光

【オランダ】ダッチデザイン・シティーのアイントホーフェン

戦争で大被害を受けたアイントホーフェンは、戦後の都市開発によりデザインシティーへと生まれ変わりました。今では世界的な有名デザイナーを育て、文化や芸術の分野でも評価の高い都市へと成長しています。アイントホーフェンをデザイン・シティーへと導いたのもフィリップスの力だったのです。
オランダの芸術

【ユトレヒト】オランダ国内最大規模のお城 デ・ハール城

デ・ハール城はユトレヒト郊外の村ハールザイレンスにあるネオゴシック様式のお城でオランダ国内最大規模のお城として残されており今は美術博物館としてお城と庭園を見学する事ができます。ヴェルサイユ宮殿の影響を大きく受けた造園デザインにはバラ園がありロマンチックな景観を楽しみながら散策する事ができます。
オランダを観光

【オランダ】ユトレヒトの観光スポット

ユトレヒトはミッフィーだけではありません。子供から大人まで楽しめる施設が多いユトレヒト。ミッフィーちゃん以外の観光スポットを7箇所ご紹介します。
オランダの建築

【オランダ建築】 シュレーダー邸を見学

オランダ建築家リートフェルトのシュレーダー邸は、建築好きなら誰もが知っている有名な建物です。モンドリアンの抽象画を建築化したかのような外観は、今なお人目を惹きつけます。シュレーダー邸を見学してきたのでその様子をまとめました。
オランダの芸術

【オランダ】ミッフィーの聖地ユトレヒトでミッフィー三昧

何事にも動じない無表情キャラで愛されているミッフィーちゃん。絵本の販売数は全世界で8500万部を超えています。ミッフィーの生みの親ブルーナさんの故郷ユトレヒト。ユトレヒトにはミッフィー美術館があり街のあちこちにミッフィーのオブジェが点在しお土産屋さんにはミッフィーグッズ。ユトレヒトはミッフィーの聖地になっています。
オランダの歴史

【オランダ巨匠画家ゴッホ】の生涯を学んでみました

高名な牧師だった祖父の名を継いで、フィンセントと名付けらたゴッホは5人の弟妹がいる長男ですが、変人なダメ男だったので家族からも疎まれていました。4つ下の弟テオドルスとだけは仲良しだったそうで、ゴッホの最後は弟テオドルスに見守られながら永眠したそうです。
オランダの芸術

バスタブ型の建物が特徴のアムステルダム市立美術館

薄くて大きな屋根はベンサム・クロウェル・ウィングという名称がありますが、通称がバスタブです。ミュージアム広場にある巨大なバスタブの美術館はでは現代アートやインスタレーションが多く開催される美術館です。
オランダの芸術

【奇跡の音響環境を備えた音楽堂】アムステルダムのコンセルトヘボウ

アムステルダムのコンセルトヘボウは、1888年にオープンした歴史ある音楽堂で、音楽ホールとしてはありえない直方体形状、そして天窓があるにもかかわらず、交響曲を奏でるのに最高の音楽堂・世界ベスト3にランクインしています。
オランダの芸術

【アムステルダム】4回移転している引越し好きの国立美術館

建物は建築家カイペルスによって設計され1885年に開館したアムステルダム国立美術館は2つの正方形で構成されており各正方形の中心にアトリウム(吹抜けの大きな空間)があります。美術館を分断するかのように遊歩道が通っているのも特徴的でこの国立美術館が旧市街へのゲートにもなっています。
オランダの歴史

【権力争いに巻き込まれたアムステルダムの広場】ミュージアムプレイン

ミュージアム広場の周りには国立美術館、市立美術館、ゴッホ美術館、音楽堂 が広場を囲うように建ち並び、アムステルダムの芸術文化が集中しています。昔からお祭りやデモ活動などで地元民に解放された広場となっています。
オランダの芸術

市庁舎で宮殿でナポレオンの別荘だったアムステルダムの王宮

ダム広場で最も目を引く建物の王宮が建てられたのは17世紀のこと。17世紀のアムステルダムは活気に溢れヨーロッパ屈指の都市へと発展していました。貿易により街は豊かになり半世紀で人口は5倍にも増えたそうです。急激に成長した都市をコントロールするために必要な市庁舎として建てられた建物が今の王宮です。