☆ 広告掲載募集 ☆ 詳しくはコチラから ☆

美術館

ヨーロッパ旅行

【チェコ】歴史的建築博物館都市のプラハを散策

チェコ共和国の首都プラハはかつてオーストリアやドイツの支配下にあり争いの絶えない国でした。にもかかわらずプラハの街は戦争での被害がかなり少なく、歴史的建造物が数多く残ってます。プラハは街全部が建築博物館と呼ばれており年間840万人以上の観光客が世界中から訪れています。
オランダの芸術

【オランダの巨匠画家】光と影の魔術師・レンブラント画伯

17世紀のオランダ画家の巨匠レンブラントには光と影の魔術師という異名があります。レンブラントの絵画の特徴として全体的に暗い色が多い中で部分的にスポットライトを当てたかのように明るい色の表現が多く用いられその明暗のコントラストが緊張感や心情を表しています。
オランダの芸術

【オランダ】古都デルフトとフェルメールのゆかりの地

真珠の耳飾りの少女に使われているフェルメールブルーと呼ばれる顔料は鉱石ラピスラズリ。貴重な絵の具を使えるほど裕福だったフェルメールは生涯を制作活動だけに専念しました。1作品の完成に長い時間をかけていたオランダ黄金時代を代表する画家です。
オランダの芸術

【オランダ】唯一の窯元 ロイヤルデルフトのデルフトブルーを見学

今でも伝統的な工法で生産しているロイヤルデルフトはオランダで唯一のデルフトブルーの窯元です。360年以上の歴史ある工房併設の博物館では工房内を見学する事ができ、デルフト陶器の歴史や工法が学べます。
オランダを観光

【オランダ】名誉称号授与・王室御用達のデルフトブルーの歴史

古来のファイアンス焼き技法をベースにオランダ流の陶磁器が出来上がったのは16世紀末。青色の絵付けを施されている伝統工芸品の陶磁器デルフトブルーは一度は消えかかった工芸技術ですが今ではオランダ王室御用達です。
オランダのデザイン

【オランダ】ロッテルダムでダッチデザイン建築巡り

近代都市ロッテルダムはダッチデザインの近代建物が多くある国際的な建築都市です。戦後の復興により多くの建物が1950年以降に建設された新都市ロッテルダムの観光といえば建築巡りがメインになります。ロッテルダムで見逃せない全11物件のご紹介です。
オランダを観光

【オランダ】ダッチデザイン・シティーのアイントホーフェン

戦争で大被害を受けたアイントホーフェンは、戦後の都市開発によりデザインシティーへと生まれ変わりました。今では世界的な有名デザイナーを育て、文化や芸術の分野でも評価の高い都市へと成長しています。アイントホーフェンをデザイン・シティーへと導いたのもフィリップスの力だったのです。
オランダの芸術

【オランダ】国内最大のお城デ・ハール城

デ・ハール城はオランダ国内最大規模のお城として残されており、お城と庭園を見学する事ができます。ネオゴシック様式のお城の前面にはヴェルサイユ宮殿の影響を大きく受けたバラ園が広がっておりロマンチックな景観を楽しみながら散策する事ができます。
オランダを観光

【オランダ】ユトレヒトの子どもと一緒に楽しめる観光スポット6選

ミッフィーの聖地ユトレヒトはミッフィーちゃんを除いても子供から大人まで楽しめる施設がたくさんあります。ユトレヒトの観光スポットを6箇所+2建築をご紹介です。
オランダのデザイン

【オランダ建築】 シュレーダー邸を見学

オランダ建築家リートフェルトのシュレーダー邸は建築好きなら誰もが知っている有名な建物です。モンドリアンの抽象画を建築化したかのような外観は今なお人目を惹きつけます。シュレーダー邸を見学してきたのでその様子をまとめました。
オランダの芸術

【オランダ】うさこの聖地ユトレヒトでミッフィーざんまい

ミッフィーの絵本の販売数は全世界で8500万部を超えています。生みの親ブルーナさんの故郷ユトレヒトにはミッフィー美術館やミッフィーのオブジェが点在していて、お土産屋さんには沢山のミッフィーグッズが並んでいるミッフィーの聖地となっています。
オランダの歴史

【オランダ巨匠画家ゴッホ】の生涯を学んでみました

高名な牧師だった祖父の名を継いで、フィンセントと名付けらたゴッホは5人の弟妹がいる長男ですが、変人なダメ男だったので家族からも疎まれていました。4つ下の弟テオドルスとだけは仲良しだったそうで、ゴッホの最後は弟テオドルスに見守られながら永眠したそうです。
オランダの芸術

バスタブ型の建物が特徴のアムステルダム市立美術館

薄くて大きな屋根はベンサム・クロウェル・ウィングという名称がありますが、通称がバスタブです。ミュージアム広場にある巨大なバスタブの美術館はでは現代アートやインスタレーションが多く開催される美術館です。
オランダの芸術

【奇跡の音響環境を備えた音楽堂】アムステルダムのコンセルトヘボウ

アムステルダムのコンセルトヘボウは、1888年にオープンした歴史ある音楽堂で、音楽ホールとしてはありえない直方体形状、そして天窓があるにもかかわらず、交響曲を奏でるのに最高の音楽堂・世界ベスト3にランクインしています。
オランダの芸術

【アムステルダム】4回移転している引越し好きの国立美術館

建物は建築家カイペルスによって設計され1885年に開館したアムステルダム国立美術館は2つの正方形で構成されており各正方形の中心にアトリウム(吹抜けの大きな空間)があります。美術館を分断するかのように遊歩道が通っているのも特徴的でこの国立美術館が旧市街へのゲートにもなっています。
オランダの歴史

【権力争いに巻き込まれたアムステルダムの広場】ミュージアムプレイン

ミュージアム広場の周りには国立美術館、市立美術館、ゴッホ美術館、音楽堂 が広場を囲うように建ち並び、アムステルダムの芸術文化が集中しています。昔からお祭りやデモ活動などで地元民に解放された広場となっています。
オランダの歴史

【アムステルダム】市庁舎→宮殿→別荘→空き家の王宮

ダム広場のシンボルとなっている王宮が建設されたのは17世紀ですが歴代オランダ国王はこの宮殿に居住したことがありません。元々は市庁舎として建設された建物は「世界の第八不思議」との異名がつけられるほど莫大な費用によって建設されました。
オランダの芸術

【オランダ】国王の戴冠式場 ダム広場の新教会ニューウェ・ケルク

ダム広場にある新教会が建てられたのは今から600年前ととても古い建物ですが現在でも新教会と呼ばれています。新教会は歴代オランダ国王が戴冠式を行う王立教会ですが、普段は美術館となっていて季節ごとに様々な展示を見ることができます。
オランダのデザイン

【アムステルダムの運河上の生活】船舶住宅のハウスボート

オランダ国土を100とすると、元々の陸地が55、干拓地が30、水路・運河が15になります。アムステルダムの運河は合計全長100km以上あり、そこには1500基以上の橋が架かっています。そしてその運河上には2256隻ものハウスボートがあるそうです。
オランダの芸術

【アムステルダム最古の教会】アウデ・ケルク

アウデ・ケルク旧教会はアムステルダムで最も古い教会です。13世紀初め当時アイ川とアムステル川の合流地点には墓地があり、そこに礼拝堂を建設して船乗りたちの安全を願っていたと云われています。その後14世紀初めに礼拝堂は教会へとなりました。