☆ 広告掲載募集 ☆ 詳しくはコチラから ☆

ミュージアムカード可

オランダを観光

【オランダ】留学・在住・アムステルダム観光でミュージアムをお得に巡る3つの方法

学生カード、シティーカード、ミュージアムカード。留学、観光、移住と用途に合わせたカード選びでお得に気軽にダッチアート鑑賞を楽しみましょう。有名な美術館巡り、名作だけチラ鑑賞、ミュージアム初心者、誰でもお得に美術館巡りをできる方法をまとめました。
オランダの芸術

【アムステルダム】12の珍しい博物館をミュージアムカードで観光

オランダでは週末に家族でミュージアムへ行こうという文化が根付いており、美術館では小さなお子さま連れの方や祖父母とお孫さんなどとご家族で訪れてる方をお見かけします。アムステルダムでご家族でも楽しめる博物館や、ちょっと風変わりなミュージアムのご紹介です。
オランダの芸術

【アムステルダム】13の建築&デザインの美術館をミュージアムカードで訪れよう

デザインの国オランダでのミュージアム巡りでは古くは16〜18世紀の住宅やインテリア、19〜20世紀のモダンアートや建築、そして21世紀の最新ファッションやデジタルアートなどのデザインを発見できます。アムステルダムのデザインと建築の13のミュージアムのご紹介です。
オランダの芸術

【アムステルダム】15の定番美術館をミュージアムカードで巡ろう

アムステルダムにあるミュージアムカードが使えるミュージアムの中から、ガイドブックでも定番のランキング上位の美術館とオランダの歴史が学べる博物館の15館の見所まとめ。アート観光では欠かせない代表的な芸術スポット。キュレーターの腕前が素晴らしい美術館です。
バックナンバー

2022年10月 ミュージアム全制覇 in アムステルダム

オランダ国内でミュージアムカードが使える美術館・博物館は450館以上あります。そのうちアムステルダムには41館。定番の美術館から変わった博物館とたくさんのミュージアムを訪れてきました。なんせカードの期限が今月までなので。
オランダを観光

【オランダ】鰻と苺で栄えた園芸の町アールスメール

町の名前を意味する鰻の紋章に、苺を表す市の旗、そして世界最大の花の卸市場があるアールスメールの観光スポットをご紹介です。お花のアートの観光情報まとめ。とても温かい方が多い町で、ほっこりした観光を楽しめました。
オランダのデザイン

【ダッチデザイン】MVRDV設計の真紅の礼拝堂・スキーダム市立美術館

ロッテルダムのお隣町のスキーダム。現代アートの宝庫のスキーダム市立美術館がリニューアルオープンしました。18世紀の建物にコンテンポラリーアートのギャップ萌えできる美術館です。エントランスのシンクの礼拝堂はMVRDVデザインです。
オランダのデザイン

【ロッテルダム】ピンク色の表彰台・6月の建築月間 RA Maand 2022

RA Maand(ロッテルダム建築月間)のメイン会場としてHet Nieuwe Instituut(新研究センター)の屋上にHet Podiumと名付けられたピンク色のスペースが仮設されました。6月のRA Maand中は誰でも無料でアクセスする事ができます。
オランダの歴史

【ヨーロッパ史】アンネ・フランクの15年間の短い生涯

ドイツで生まれたアンネは5歳の時にオランダへ移住し、13歳からの2年間は隠れて暮らしました。生前最後の半年間はホロコースト(強制収容所)での厳しい生活を虐げられ、最後は誰にも看取られずに15歳の時に伝染病で命を落としました。そんなアンネの生涯をまとめました。
オランダの芸術

【ロッテルダム】HNI・建築研究センターのMVRDV建築展(2022年9月4日まで)

HNI(新研究センター)はデザインや建築の博物館であり、著名デザイナーのアーカイブを管理・保管する研究所にもなっている、ミュージアムカードも使える建築・デザインミュージアムです。ロッテルダムの建築巡りをする時にも立ち寄りたいスポットです。
オランダのデザイン

【ダッチデザイン】MVRDV設計の世界初・公開型収蔵庫 Depot

オランダを代表する設計集団MVRDVの最新建築Depot Boijmans(デポ・ボイマンス)がオープン!美術館ではなく美術館の収蔵庫を見学できる世界初の施設。大釜な見た目の外観とは異なり内部は騙し絵のような空間が広がっています。
オランダを観光

【オランダ】ホールンまで€2で蒸気機関車とフェリーの旅(後編)

(後編です)ホールンとエンクホイゼンを周遊できる蒸気機関車とフェリーの旅。ミュージアムカードがあるとたったの2ユーロで観光することができます。予約からツアーの内容までの詳細をまとめたので参考にどうぞ!(後編)
オランダを観光

【オランダ】エンクホイゼンから€2で蒸気機関車とフェリーの旅(前編)

ホールンとエンクホイゼンを周遊できる蒸気機関車とフェリーの旅。ミュージアムカードがあるとたったの2ユーロで観光することができます。予約からツアーの内容までの詳細をまとめたので参考にどうぞ!(前編)
オランダの芸術

【アムステルダム】ゴッホとレンブラントのインスタレーション再開催(2022年)

アムステルダムの北教会で開催されているVincent Meets Rembrandt(ゴッホとレンブラントの出会い)は体験型のアートで、とても素敵なプロジェクターマッピングだったのでご紹介です。 ※2022年10月末までの開催予定です。
オランダを観光

【オランダ】マウデンを探索・アムスから日帰り観光 

マウデンのお城の形状はゲームに出てくるアイコンのような建物で素敵です。半日でも十分に観光できるコンパクトな町なので、パンパス観光と合わせて1日で周ることができます。
オランダを観光

【オランダ】パンパス砦へフェリーの旅・アムスから日帰り観光

アイ湖に浮かぶ人工島パンパスはハイスペックの軍事施設として1887年に建設されました。ですがパンパス砦はいかなる戦争行為にも使用されることはありません。争いが無いに越したことはありませんが、まさに豚に真珠、猫に小判なパンパス砦の歴史です。
オランダを観光

【ライデン】シーボルト、風車、城跡、大学と訪れてみたら見所満載な街

人口密度の高い都市第二位のライデンは画家レンブラント生誕の街。オランダ最古で高レベルのライデン大学卒業生には13人のノーベル賞受賞者も。シーボルト博物館があり日本文化との繋がりも強いです。現在も稼働している風車では小麦粉を販売していたり、観光スポット満載です。
オランダの芸術

オランダ黄金期の光と影の魔術師・レンブラント画伯

レンブラントの絵画の特徴として全体的に暗い色が多い中で部分的にスポットライトを当てたかのように明るい色の表現が多く用いられ、光と影の魔術師と呼ばれていました。オランダ黄金期を代表する富と名声を得ましたが人気画伯時代は短命でした。
オランダを観光

【オランダ】ロッテルダムの歴史と建築史

歴史があるのに近代的な建物しかないロッテルダム。第二次世界大戦により都市のほとんどが消し飛んだ過去があります。空爆の4日後から復興計画をスタートさせ猛スピードで変貌をとげた街並みはオランダで1番のモダンな都市となりました。
オランダを観光

【オランダ】ダッチデザイン都市のアイントホーフェン

戦争で大被害を受けたアイントホーフェンは、戦後の都市開発によりデザインシティーへと生まれ変わりました。今では世界的な有名デザイナーを育て、文化や芸術の分野でも評価の高い都市へと成長しています。アイントホーフェンをデザイン・シティーへと導いたのもフィリップスの力だったのです。