☆ 広告掲載者募集中 ☆ 詳しくはコチラから ☆

チーズ

オランダの食

【オランダ】ありそうでなかったアルクマールの六角形チーズ

独自のチーズを持たないアルクマールではチーズの開発が行われています。オランダ品種の牛乳から製造されるアルクマール限定チーズは六角形。サポーターになると試食会に参加できたりチーズ保有者証明書がもらえる特典があります。
オランダを観光

【オランダ】チーズの街アルクマールで訪れたい13の観光スポット

アムステルダムから電車で約35分のアルクマールは街を囲んだ水路が残されている自然豊かな街並みとなっています。チーズマーケットには世界中から多くの観光客が訪れ、チーズの街としても有名なアルクマール。名所をまとめたのでお出かけの参考にしてみてください。
オランダを観光

オランダ産チーズを詳しく学べるアルクマールのチーズ博物館

チーズの名産地アルクマールのチーズ博物館ではオランダ産チーズの歴史や加工方法などを学習することができます。映像を見ながら、またはゲームをしながら学べる体験型の博物館になっており、建物前の広場では金曜日にチーズマーケットが開催されています。
+Dutchノート

笑う牛のチーズ La vache qui rit

La vache qui ritはフランスのチーズブランドで、笑う牛という意味があります。こちらの笑う牛さん、けっこう可愛いなって思ってたら商品化されてたんですが、ご存知でしたか?筆者は一昨日くらいに知りました。
オランダの食

【オランダ】800年のゴーダチーズ歴史・古都ゴーダを観光しよう

ゴーダチーズは日本人好みのクリーミーでクセのない風味が特徴です。発祥は1184年までさかのぼり今でも作られているチーズの中で世界で最も古い製法のチーズとなっています。現在ではほとんどが工場生産となっていますが300人ほどのチーズ職人は伝統的な製法で今でも作っています。
オランダを観光

【オランダ】チーズマーケットへ行こう

オランダでは中世の頃よりチーズ産業が盛んになり今では年間約 60万トン 以上のチーズがオランダで生産され世界へと輸出しています。 世界一位の輸出量を誇るオランダのチーズ市場(シジョウ)では、現在でも伝統的な卸し市場(イチバ)があり一般見学もできるため人気の観光スポットとなっています。
オランダを観光

【オランダ】チーズの歴史や加工を学べるファーム見学

オランダのチーズは600年以上の伝統があり、ゴーダ、エダム、ライデン、オールドアムステルダムなど様々な種類のチーズの名称がオランダの都市名から由来しています。 多くの種類があるチーズですが地域によって何が違うのか?チーズの博物館や見学できるチーズファームをご紹介します。
オランダのお店

アムステルダムのチーズ専門店

チーズ専門店では表面がコーティングされたままのチーズや真空パックにも対応してくれるので、日持ちができて日本へのお土産用には最適です。また試食コーナーが充実しているので、買ってみたら口に合わない悲劇を回避することもできます。お住まいの地域や各観光地にも多くの専門店があるので開拓してみてください。
オランダの食

オランダ産のメジャーなチーズ8種

オランダ人の平均年間チーズ消費量は14.3kg/人と、日本人の6.5倍以上の消費量。オランダ産のチーズは世界輸出量第1位を誇っており、種類が豊富なので好みや用途に合わせて選ぶことができます。オランダのスーパーマーケットでも主流なラインナップのチーズをいくつかご案内いたします。