☆ 広告掲載者募集中 ☆ 詳しくはコチラから ☆

観光

オランダを観光

【オランダ】旧王家の墓所・古都デルフトを観光しよう

1572年にオラニエ公ウィレム1世が居住した地がデルフトです。1584年にオラニエ公ウィレム1世が暗殺されオランダ王家オラニエ公一族は伝統的にデルフトに埋葬されています。ちなみにこの頃の日本は安土桃山時代。織田信長が暗殺された本能寺の変は1582年の出来事です。
オランダの食

【アムステルダム】アルバートカイプマーケットでオランダ特産品を食べ歩き

1905年に始まったアルバート・カイプマーケット。長さ約600mほどもある屋外マーケットはオランダで最大&最人気のマーケットで300店以上の屋台が出店し賑わっています。ここに来ればオランダの特産品が一通り食べられることから人気の観光スポットになっています。
オランダの食

【オランダ】800年のゴーダチーズ歴史・古都ゴーダを観光しよう

オランダのチーズ生産量の60%を占めているゴーダチーズは日本人好みのクリーミーでクセのない風味が特徴です。発祥は1184年までさかのぼり今でも作られているチーズの中で世界で最も古い製法のチーズとなっています。現在ではほとんどが工場生産となっていますが300人ほどのチーズ職人は伝統的な製法で今でも作っています。
オランダを観光

【オランダ】緑色の街ザーンダムへ風車とダッチ建築を見に行こう

アムステルダムから電車で約10分の所にある ザーンダムは緑色の建物が多い街で有名です。緑色の伝統家屋が並ぶ街並みが御伽チックで綺麗なので街ブラき好きの方には必見です。
オランダを観光

【オランダ】世界1チューリップだらけの庭園キューケンホフ

32ヘクタールの巨大な敷地のキューケンホフ庭園内には、700万本のチューリップが植えられ、右を見てもチューリップ、左を見てもチューリップ、前も後ろもチューリップ、とお花の国の世界観が堪能できます。膨大な量のチューリップなので、庭園内はお花の香りで満ちており、視覚・嗅覚ともに癒されます。
オランダを観光

【オランダ】近代建築都市ロッテルダムができるまでの歴史

ロッテルダムの街並みは近代建築が多く、他の都市のような歴史ある街並みとは異なります。それは第二次世界大戦時にナチス軍により、爆撃をうけて都市のほとんどが消し飛んだためです。空襲の4日後から復興計画をたて凄まじく変貌をとげた街並みはオランダで1番のモダンな近代都市です。
オランダを観光

【オランダ】世界遺産キンデルダイクの美しい風車網

オランダ人気ナンバーワンの風車観光スポット、キンデルダイクの風車は1997年に「キンデルダイク・エルスハウトの風車網」としてユネスコ世界遺産に登録されています。キンデルダイクへはロッテルダムからフェリーで運河を渡って訪れることができます。
オランダを観光

【オランダ】歴史と食の街マーストリヒトで見たい食べたい観光スポット

フランスの支配下だった歴史があり土地的に隣国のベルギーやドイツに挟まれていることから他国の文化の影響を大きく受けており街並み。オランダなのにオランダではないヨーロッパの風景が堪能できる歴史ある古都マーストリヒト。ヨーロッパ各国の様々な食文化の影響を強く受けておりマーストリヒトは美食の街だ!と言われています。
オランダのクリスマス

【オランダ】ファルケンブルフの洞窟クリスマスマーケット

ファルケンブルグは洞窟スポット。フリュウェーレン洞窟とヘメーンテ洞窟では毎年クリスマスマーケットが開催され洞窟のクリスマスマーケットとしてオランダでも有名です。洞窟内は意外と広く、アンダーグラウンドのクリスマスマーケットはどこか神聖な雰囲気が漂います。
オランダを観光

【オランダ】ダッチデザイン・シティーのアイントホーフェン

戦争で大被害を受けたアイントホーフェンは、戦後の都市開発によりデザインシティーへと生まれ変わりました。今では世界的な有名デザイナーを育て、文化や芸術の分野でも評価の高い都市へと成長しています。アイントホーフェンをデザイン・シティーへと導いたのもフィリップスの力だったのです。
オランダの芸術

【ユトレヒト】オランダ国内最大規模のお城 デ・ハール城

デ・ハール城はユトレヒト郊外の村ハールザイレンスにあるネオゴシック様式のお城でオランダ国内最大規模のお城として残されており今は美術博物館としてお城と庭園を見学する事ができます。ヴェルサイユ宮殿の影響を大きく受けた造園デザインにはバラ園がありロマンチックな景観を楽しみながら散策する事ができます。
オランダを観光

【オランダ】ユトレヒトの観光スポット

ユトレヒトはミッフィーだけではありません。子供から大人まで楽しめる施設が多いユトレヒト。ミッフィーちゃん以外の観光スポットを7箇所ご紹介します。
オランダを観光

中世の大都市だったユトレヒトの歴史

ユトレヒトは中世時代の街並みを残しながら近代的な建物も市街地内に数多く建てられており古き良きモノと新しいモノの両方がバランスよく交わった街となっています。ユトレヒトは住みたい街ランキング上位常連都市で、アムステルダムに次いで家賃が高くなっています。そんなユトレヒトの街を調べてみました。
オランダを観光

NYのハーレムの兄貴分 オランダのハーレムを散策

17世紀中頃にアメリカの東海岸の一部はオランダの植民地で、その時にオランダのハーレムの地名をとって、ニュー・ハーレムと呼ばれ始めたことが始まりで、1664年にマンハッタン北の自治区を正式にハーレムとして名付けられたそうです。