☆ 広告掲載募集 ☆ 詳しくはコチラから ☆

【オランダコロナ34】3回目のワクチン接種・ブースター(2022.01.12)

コロナ

 

オランダでは3回目のワクチン接種ブースター)が進んでいます。

昨年末からブースターの推奨・促進が活発になり、年明け後には18歳以上の全ての希望者がブースター接種の予約がオンラインでできるようになりました。希望者のほとんどは1月中にはブースターの接種が完了する予定です。

 

オランダでのワクチン予約はこちらから

https://coronatest.nl/

 

日本ではブースターの提供は前回の接種から8ヶ月後?なようですが、オランダでは当初は6ヶ月、現在は3ヶ月以上の期間が空いていれば受けることができます。

どのタイミングで受けるか、またブースターをするかしないかは任意です。

 

しかし2月からはEU内でのワクチンパスポート(コロナチェック)に期限が設けられる事が想定されており、ワクチンを接種してから一定の期間が過ぎるとワクチンパスポートの効力がなくなる予定になっています。

そのためブースターを受けなければワクチンパスポートが必要な施設への出入り、また海外旅行などができなくなる恐れがあります。

 

 

オランダでは飲食店や文化施設の出入りにはワクチンパスポートの提示が必要です。

現在はロックダウン中で飲食店や各施設は閉まっていますが、ロックダウンが終わった後もワクチンパスポートの提示は求められると思われます。また今後はワクチンパスポートの提示が必要な施設も増える可能性が高いです。

 

そうなるとブースターは生活に必要な予防接種になってきますので、早々に予約して接種してまいりました。

 

ブースター接種

オランダでのブースター接種の持ち物は前回より減りました。

  • ネット予約時のメール
  • BSNが記載されているもの
  • マスク
  • 健康診断書(なくてもOK)

 

ブースター用の健康診断書はネットでダウンロードできますが、ご自宅にプリンターがない場合は会場に用紙があるので当日に記入することができます。ただしオランダ語での掲載だったので、心配な方は事前にダウンロードしたものを翻訳して記載内容を確認しておくと良いかもしれません。(内容は前回の健康診断書とほぼほぼ同じです。)

 

健康診断書のダウンロードはこちらから

https://vragen.coronatest.nl/vraag-en-antwoord/

 

 

筆者は接種会場を前回と同じアムステルダム・ライで申し込みました。場所は一緒だけど建物が以前とは異なってました。

建物入口でネット予約時のメールを確認し、その後に健康診断書を書いて、BSNナンバーで本人確認したら、ブースター接種の用紙がもらえました。

国際予防接種証明書(イエローブック)をお持ちの方は、本人確認をする所で提出すると記入してくれるようです。

 

その後は注射ブースに並んで接種になります。前回よりもさらに若い女の子に打ってもらいました。人手不足なのかもしれません。

ワクチンの種類を聞いたらアムステルダム・ライではファイザーしか取り扱ってないそうです。

 

その後に15分の待機を済ませて会場を出ました。入口から出口まで20分でした。

以前は建物内をグルグルと移動させられた印象がありましたが、今回の会場は動線距離が最短で、効率化されていました。

 

 

 

 

ブースター接種後

1回目、2回目は3日間の苦痛に悩まされた、ワクチンとの相性が悪い筆者です。

【オランダコロナ23】2回目のワクチン接種したら寝込みました(2021.8.3)
2回目は発熱する確率が高いといわれておりますが予想通り発熱しました。ニュースでは2回目の接種の翌日が一番辛いとのことでしたが、筆者は当日と翌々日が一番辛かったです。これから処方する方の参考になればと思い、体験した3日間の様子を記事にしました。

 

今回は万全の準備で挑みました。3連休を確保し、前日も早寝でばっちり8時間睡眠。発熱してもいいように、解熱剤と冷えピタ、エネルギー飲料を3日分ほど備えました。

 

前回は接種後すぐに腕の痛みや倦怠感があり、数時間後には発熱しましたが、今回はその波が遅く、そして緩やかでした。

まずは腕が腫れました。前回、前々回よりも痛みの範囲が広く、腕というよりも肩が重くて幽霊に取り憑かれてる感覚が続きました。前回よりも上部に注射したからかと思ってましたが、ワクチンによって脇の下のリンパが腫れることもあるそうなので、もしかしたらソレだったのかもしれません。

 

接種した当日は発熱はしなかったものの倦怠感が酷く、3〜4時間くらい昼寝をとり、そのうえ夜も早々に寝るという、睡眠で1日が終わりました。

2日目は早朝から発熱したものの寝込むほどでもなく、それでも終日微熱が続きました。

前回、前々回とぶり返しが起こった恐怖の3日目。今回は何事もなく、熱も下がり、腕の腫れも治り始め、食欲も戻り、二日間で減った体重が1日で戻りました。

 

前日の十分な睡眠と、たっぷりの水分補給。この2点が今回の勝因だったと勝手に思っています。

 

 

 

コロナチェックの更新

ブースターを接種するとその情報はオランダのコロナパスポート、コロナチェックに反映されるようになっています。

が、自動で反映される方もいれば、手動で入力が必要な場合もあるようです。

筆者は後者の手動入力で更新しました。

 

反映されているかの確認方法はコロナチェックのアプリを開いて、ブースターを接種した日が追加されているかどうかで見ることができます。

InternationalのQRコード表示画面が分かりやすいかと思います。

 

ここにブースター接種日の記載がない場合は、右上の「+」マークからVaccination Certificateを追加して、更新することができます。(追加するにはDigiDが必要になります。)

またアプリのアップデートも忘れずにおこないましょう!

 

 

 

おわりに

次の政府のコロナの記者会見は14日の金曜日なようです。水曜日の夜、または木曜日にはリーク情報が出てきそうです。

果たしてロックダウンが緩和されるのか、まだ詳細はわかりませんが、最近はまたマスク着用するしない問題が話題に上がってきています。そして今度はマスクの品質が指定されたことにより、2年ぶりのマスク不足が発生しています。

すぐに次の入荷がある(はず)なので買い占めないようにいたしましょう。