☆ 広告掲載者募集中 ☆ 詳しくはコチラから ☆

インスタグラムの話 ドイツのビーガンのスイーツVegansweetss

+Dutchノート

様々なSNSがありますが筆者が一番使うのはインスタグラムです。

インスタグラムは写真をメインに投稿するSNSで、テキスト欄に「#(ハッシュタグ)」を使うことで、そのワードをフォローしている世界中の人へと拡散することができるものです。

写真を撮ったり見るのが好きなのでTwitterよりインスタグラム派なのもありますが、インスタグラムは言語が不要な点もよく使う理由になっています。

 

インスタグラムでオランダ単語を学ぶ

例えばTwitterはオランダ語の読み書きができればもっと広がるんだと思うんですが英語が精一杯な筆者。翻訳機能もありますが、パッと見で気になるトピックを見つけられないという言語の壁をどうしても感じてしまいます。

一方インスタグラムは写真でパッとみて気になるトピックを判別するので言語の壁を感じません。また覚えたての単語の#をフォローしたり、自分の写真にオランダ語の#を使うことで勉強にもなります。

 

インスタグラムで現地情報を収集

インスタグラムを情報収集にも使っているのですが、例えばコーヒーが好きなので「#koffie」とか、オランダの食べ物をもっと知りたいので「#lekker」とかをフォローワードに設定してます。すると人気のカフェやレストランの写真がお勧めに上がってくるので気になった写真を保存して行きたい店リストを作成しています。ブログのネタ集めにもなるので便利です。

 

また逆に自分の写真にオランダ語の#をつけると時々見知らぬオランダ人の方がイイねしてってくれたり、似たような趣味の方とフォロワー同士になれたりして知見が広がります。

 

 

勉強にしない、頑張らないことが大切

テキスト文を英語やオランダ語で書くとさらなる勉強にもなりますが、無理したり頑張る物にしてしまうと続かないのがSNSです。#程度ならそこまでの負担になりません。たいした勉強にはならないけれど頻繁に使う単語はスペルまで完璧に覚えることができます。

 

 

インスタグラムの使いにくいところ

1つだけインスタグラムのデメリットがあるとすれば、イイねと思ったのを周りに拡散しにくいところです。Twitterみたいにリツイート機能が無いので、これすっごい面白いと思っても誰にも伝わらないのがもったいないな〜と感じます。

なので定期的に+Dutchノートで筆者の好きなインスタグラムを紹介していこうかなと思いまして「インスタグラムの話」をはじめました。

 

 

今日のインスタグラムの話

第一弾目にご紹介するのは最近フォローしたVegansweetssさんです。ドイツのパティシエさんなのかな?詳しくはわかりませんが、ビーガンのスイーツの写真をたくさんUPしてる方です。スイーツ系のインスタは多々あるのですが、その中でも芸術性が群を抜いていると感じました。「美味しそう」よりも「美しい」が優っていてクオリティーの高いアート作品が多いです。特にヨーロッパのカラフル感は日本では馴染みが少ないので勉強にもなります。

 

 

 

 

一発目からオランダに関係なくドイツの方のインスタ紹介で自分でもびっくりしたんですが、最近見た中で一番美しかったので選んでみました。

先月のブログ用にオランダのケーキを調べてたりした時に#cakeとか#taartで検索してたのでアルゴリズムでVegansweetssさん写真が上がってきたんだと思います。この方をフォローしてから最近はスイーツネタのお勧めがたくさん上がってくるようになったので夜中に見るとお腹が空いて困ってますが、素敵な写真が多いのでもしよかったら覗いてみてください。