2019年6月 ”アムステルダムの下北沢、De Pijp(デ・ペイプ)を観光”

アムステルダムを訪れるならDe Pijp(デ・ペイプ)地区の観光は見逃せません。



De Pijp(現在はOude Pijpと呼ばれています)地区は、19世紀に都市開発された地区で、当時の急激に増えた人口を収容するエリアとして計画された都市拡張計画区域です。
当初の計画ではDe Pijp地区の中心にアムステルダム中央駅の建設が予定されていましたが、評議会はその計画を否決しました。

その後の計画により、合理的な拡張計画が進められ、高密度な住宅街のDe Pijp地区となっています。
狭隘な街路が入り組んでおり、周辺住民を対象とした雑貨屋、生地屋、マーケットなどがあり、都内で例えると”下北沢”の様なエリアです。




かつては工場などで働く労働者や学生が多く住むエリアでしたが、今ではアーティストや女優、起業家などが好んで住む人気エリアです。
市街地やオフィス街にもアクセスが良く、今年新たに開通した地下鉄で、ノード地区までもメトロ1本で行けるようになりました。

下町の活気があり、かつオシャレエリアと化してきているDe Pijp(デ・ペイプ)地区を今月はご紹介いたします。

 


今月のブログリンク

2019年6月3日 ”アルバート・カイプマーケットでオランダの特産品を食べ歩き”

2019年6月10日 ”ヘルシーフードブームで人気急上昇なアボカド専門店”

2019年6月17日 ”夏だ!アイスだ!アムスでアイスクリーム”

2019年6月24日 ”夏だ!ビールだ!アムステルダムの醸造所Brouwerij Troost”





*合わせて読みたいオランダ観光情報*