首都アムステルダムから30キロほど南に位置するUtrecht(ユトレヒト)は、オランダ第4の都市であり、ユトレヒト州の州都です。
中世時代の街並みを残しながら、近代的な建物も市街地内に数多く建てられていて、古き良きモノと新しいモノの両方を味わえる街です。

ユトレヒトにはオランダ最大の大学であるユトレヒト大学があり、またオランダのほぼ中央付近という地理的条件より、各地からの道路や鉄道網の重要な結節点となっています。
ユトレヒトの交通網が崩壊すると、オランダの物流は止まると言われるほどです。


ユトレヒトの起源
石器時代(紀元前 2200 年頃)以前から、ユトレヒト地方には人が定住し始めていたそうです。
50 年頃に建てらてたローマ帝国の 要塞(城)を機に、都市として発展していったと言われています。



ローマ時代、ユトレヒトの要塞の名前はTraiectum
Traiectumとは、軍事防衛拠点または野営地といった意味で、オランダ語ではTrecht
他のTrechtとの区別をつけるため、旧オランダ語の”UUT“(downriver:下流)の頭文字Uが加わり、
U-Trecht → Utrecht(ユトレヒト)という名前がついたと云われています。

ローマ帝国の全盛期には、ローマ兵とその家族がユトレヒトに居住していました。
のちにドイツ人の部族からの侵略が続いて、ローマ人は最終的に275〜300年の間にユトレヒトを去っゆきました。

その後カトリック信仰とプロテスタント信仰の本拠地でもあるユトレヒトは、何世紀にもわたって様々な宗教争いにみまわれてきました。
中世までは豊かな歴史を持ち、かつてはオランダ全土で一番の都市と云われていたユトレヒト。

現在では要壁などは残っておりませんが、19世紀初めまでは要塞化した町としての役割が残っていたため、都市の形に名残がみられます。


ユトレヒトの歴史ある街並み

オランダの最も高い鐘楼、Dom Tower(ドム塔)
高さ112mのゴシックスタイルの塔は、街のシンボルです。
もともとは大聖堂の一部分でしたが、この大聖堂は資金不足のために完全に完成したことはありませんでした。
1674年に未完成の建物部分が崩壊したため、最終的にドム塔は独立した塔になりました。
今ではその高さと歴史を残すためにも、ユトレヒトの市街地にドム塔より高い建物の建設を許可するかどうかの議論が続いています。

Dom Tower概要(2018年6月現在)
10〜17時、日月12〜17時
€9.00
ミュージアムカード不可
Domplein 21, 3512 JC Utrecht, オランダ
Dom Tower





ユトレヒト大司教区のカテドラルDomkerk(ドム教会)
ドム教会(別名:聖マルティン大聖堂)は、聖マルティヌス(キリスト教の聖人)を讃えた教会で、かつてはドム塔とつながっており、オランダ最大の規模でした。
1674年、ユトレヒトを崩壊させた竜巻により、教会とドム塔を繋いでいた身廊部分が崩壊しました。
その後再建されることがなかったため、現在ドム教会から広場を挟んでドム塔が残されています。

Domkerk概要(2018年6月現在)
月〜金10〜17時、土10〜15:30時、日12:30〜16時
(10月〜4月は開館時間が短くなります)
拝観無料
Achter de Dom 1, 3512 JN Utrecht, オランダ
Domkerk

 

旧市街の中心を流れるOudegracht(旧運河)
元はライン川の支流であったものを運河にしたもので、現在でも市街地を曲がりくねって流れています。
アムステルダムとは異なり、運河に隣接して広場的なスペースがあるところが多く、その広場と建物の地下がつながっている造りがみられます。
つまり運河沿いの道路の下に建物の地下室があり、地下室から直接運河へとアクセスできるのです。

もともとは家畜小屋、納屋、穀物倉庫などの用途として使われていたそうですが、今では運河に面したレストランやカフェとしても使われており、お店への荷物の運搬はトラックではなくボートが運河を利用して運んでいます。

アムステルダムの歴史と街並み


*合わせて読みたいオランダ観光情報*