オランダのお隣国ベルギー。ベルギーといえばワッフルやチョコレート、小便小僧やクリスマスマーケットが有名ですが、実は風車もございます。
ベルギーの北西に位置する西フランドル州の州都『ブルージュ』は、運河、石畳の道、中世時代の建物が特徴的な街です。
首都ブリュッセルから電車で1時間ほどのところにあります。

ブルージュにはかつて、外敵から守るため街を囲うように城壁がありました。
その城壁を飾るかのように風車が建てられ始めたのが13世紀末のことです。
全盛期(16世紀)には、30基以上の風車があったようです。

現在でもクライスヴェスト通り(Kruisvest)には4基の風車が保存され、風車のある公園として整備されており、散策することができます。

Kruispoort(十字の門)から北に、
Bonne-Chièremolen、Sint-Janshuismolen、De Nieuwe Papegaai、Koeleweimolenと4基の風車が並んでおり、
そのうち2基、Sint-JanshuismolenとKoeleweimolenは、現在も穀物の粉砕工場として可動しています。

Bonne-Chièremolen
この風車は十字の門の一番近くにある風車で、1844年に建設されたスタンダードタイプの風車として知られています。

Sint-Janshuismolen(聖ヤンスハイス風車)
1770年に建てられてから同じ場所で可動しており、現在は風車内の見学もできる観光スポットです。

De Nieuwe Papegaai
1790年に製油所として建設された風車ですが、1970年に移設されてきました。

Koeleweimolen
1765年に建設され、1996年に移設されてきました。

Sint-Janshuismolen概要(2018年4月現在)
9:30〜12:30時, 13:30〜17時(月曜休館)
(季節や祝日などで休館日、開館時間に変更があります。)
€4.00
Kruisvest 3, 8000 Brugge, ベルギー
Sint-Janshuismolen
オランダからベルギーまでは、車、電車やバスで簡単に行くことができます。
アムステルダムからブリュッセルまで高速列車Thalysで約2時間くらいです。
日帰りで本場のワッフルを食べに行くこともできます。

 


*合わせて読みたいEU観光情報*