2017年08月 特集”アムステルダム建築史”

古くからの街の風景が今でも残っており、現在でもそこが生活の場であることが、街の魅力の一つな事もあります。

ヨーロッパには多くの都市部で、古い建築や街並みが残されており、オランダ、アムステルダムもその一つです。

また建築様式も煉瓦造りであったり、45階建ての建物が並ぶ絵は、日本人には馴染みがなく新鮮に感じられます。

アムステルダム市の面積は2万ヘクタール、東京都23区の1/3くらいの面積がありますが、観光地として旅行者が訪れる市街地はアムステルダム中央駅前の一部分。

始まりは13世紀。その時に町が作られた部分が現在の観光市街地です。そこから何世紀も経て、現在の約2万haの面積のアムステルダムが出来上がってきました。

また近年ヨーロッパ有数の金融都市アムステルダムには、多くの多国籍企業の本社もあることから、アムステルダム市民の半分が移民であり、インターナショナルな街となっています。

アムステルダムが都市として発展するまでの何世紀もの間に、住む人々や生活、環境が変わってきました。

その変化の様子が、アムステルダムの街並みや建築からも垣間見ることができます。

私事ですが、もともと建築などに興味があったため、アムステルダムに来てから旧市街の建物や近代建築に目を奪われつつ、その歴史などにも興味が湧きました。

そこで8月は全4回にてアムステルダムの歴史を建築の視点でご紹介してまいります。


今月のブログリンク

2017年8月7日 ”アムステルダムの歴史と街並み”

2017年8月14日 “アムステルダム最古の建築 Oude Kerk”

2017年8月21日 “アムステルダムの運河上の生活”

2017年8月28日 “アムステルダムの人工島”

*合わせて読みたいアムステルダム情報*

2017年9月1日 特集”アムス観光 ダム広場”

2017年10月1日 特集”アムス観光 ミュージアムプレイン”

2017年12月1日 特集”オランダのクリスマス”