スーパーマーケットで一通りのものは揃うけれども、日用美容品は選びたい。
ちょっとお腹の調子が悪いから胃腸薬が欲しい。
ヨーロッパの強い日差しで日焼けがひどい。

食品の次は日用品が必需品です。
本日はマツキヨ的な存在のドラッグストアをご紹介します。


Kruidvat(クライドファット)

パッと見、スーパーマーケットのディルクと間違えそうになる赤い看板のクライドファット。このお店は特売品がとにかく豊富です。常に半額セールしてるんじゃ無いかって気がするくらいです。ほとんどの商品が1個買ったら1個無料になってるので、最初から半額に設定しといて欲しいです。
にもかかわらず、いざお目当の商品を買いに行くと今週は半額対象外だったり、そんなついていない日もあります。

クライドファットはドラッグストア+雑貨屋みたいな所で、おもちゃや文具なども取り扱ってるし、フライパンなんかのキッチン用品まであるところもあります。なのでグルリと店内を見ていると、あちこちに目が奪われ、最終的に何を買いに来たのか忘れることが多いので気をつけてください。
kruidvat.nl(クライドファットのHP)

<スポンサーリンク>



Etos(イートス)

イートスはアムステルダム市街地にもお店が多いドラッグストアなので、観光地でも見かけることが多いです。

セール品は少ないものの、常時格安のプライベートブランド商品が多彩です。
洗剤からサプリメントや薬までイートスブランド製品があります。
(アレルギー用の薬を購入した時に、同じ成分の商品が他店の半額の値段でした。)

またコスメ商品の品揃えが良いのと、店内がスッキリしていて、雰囲気が日本のドラッグストアに似ている気がします。
そのお陰か、落ち着いて見てまわれます。
etos.nl(イートスのHP)

 

 

 

 


Apotheek(アポテーク)
こちらのお店は”薬局”になります。
薬剤師さん的な人がいるので症状を伝えれば適した薬を教えてくれます。
ただし薬局での薬の購入には医師の処方箋が必要な薬もあります。また処方箋が必要な薬を購入する場合はホームドクターと同様に、自分の薬局店舗を登録する必要があります。
(処方箋を持っていても登録した店舗でしか薬は買えません。)

大きい店舗では店内にドラッグストアが併設されています。(というかドラッグストアに薬局スペースがあるような感じですかね。)
こういうお店でもドラッグストア店内に薬に詳しい店員さんがいるので、ただの腹痛や頭痛など処方箋のいらない薬を買うときに色々アドバイスをもらうことができます。(というか薬のパッケージもオランダ語で読めないので、症状を説明して適切なものを教えてもらう感じですね。)
私の知っている薬局+ドラッグストアのお店は ”Leidsestraat Apotheek, Amsterdam”になります。アムステルダムのライツストリート(花市場の近く)にあるので、観光中に立ち寄れます。


薬局のポイントカード
本日ご紹介したKruidvat(クライドファット)とEtos(イートス)は両店舗ともポイントカードがあります。店頭でカードをもらってオンラインで登録すれば、オンラインショップでも使えるとのこと。このブログを書くにあたって調べてたら、そんな情報を見かけました。今度もらってこようと思います。