今日はアムステルダムの賃貸住宅事情をご紹介します。

オランダに住むにあたり、必要不可欠なのが住民登録(Registration)です。そこで住民登録が可能な家を賃貸しなければなりません。
(住民登録ができない限り、BSNナンバー(市民番号)が発行されないからです。市民番号をもとに、保険や銀行、税務署など全てのシステムが連動されているようです。)

なぜ住民登録のお話を先にしたかと言いますと、賃貸物件には住民登録ができる家できない家があり、また住民登録できる人数も家によって決まっています。
なので値段だけで決めてしまうと、後々住民登録ができなくてビザが取れないなどの問題が発生してしまいますのでお気をつけください。


まず賃貸物件のタイプとして3種類あります。
(*掲載している金額は(私が思う)アムステルダム(市街地まで自転車で15分圏内)の月額相場です。)

①シェア(600ユーロ)

2~5人くらいで1つのアパートに住むタイプです。キッチンやリビング、トイレ、シャワーが共用で、各自個室のベッドルームがあるのが一般的。家によっては週一で共用部分のハウスキーピングが付いてたりしますが、無い場合は当番制が一般的です。女性限定物件なども増えてます。

メリットは安い事。光熱費やネットの料金も大抵含まれてます。デメリットは他人と住むため多少の我慢と気遣いは必要にはなります。

お勧めとしては2~3人でシェアがベターです。生活時間が同じだと夕ご飯を作る時間が被ったり(基本的に誰かがご飯を作ってる時は待ちます。)、生活時間が違いすぎると自分が寝ている時にうるさかったりします。またシェアメイトが多いと洗濯機の使うタイミングも被ったりします。
週末に一緒にご飯などとワイワイする機会もありますが、基本的に自分の時間を大切にする人が多いでしょう。友達とは違った関係性だと思います。家の中では絶対裸足になりたいなどの生活にこだわりがある方、綺麗好きの方には合わないかもしれません。

②スタジオ(1000ユーロ)
日本でいうワンルームです。人気があるので空き物件が少ないです。  家賃に光熱費が含まれているタイプと、含まれてないタイプがあります。オランダの光熱費は高いのと、初めは料金システムなども分からないことが多いので含まれているものを見つける、または借りるときに光熱費込の料金で交渉することをお勧めします。
地上階の部屋を借りるときは防犯も考慮しましょう。
中にはシャワーとトイレだけ共用、玄関だけ共用などと様々なタイプのスタジオもあります。
*学生のみのスタジオも多いのでお気をつけください。(賃貸するには学生ビザか学校入学証明が必要になります)

③アパート(1500ユーロ/2bed)
1ベッドルーム~ありますが、2~3ベッドルームが平均でしょうか。
大きいアパートだと5ベッドルームなどもありますし、メゾネットなども一般的です。広めのキッチンにリビングルーム、テラスなど、日本のマンションと同等です。バスタブが付いてる物件が多いです。伝統的な家だと屋根裏部屋もあります。
ご家族で住まわれる時は、近くにお子様の通える学校があるかも確認しましょう。

<スポンサーリンク>


ご紹介した3タイプのお値段は、あくまで私の考える平均値みたいなものなどで、もっと安い物件もたくさん存在します。逆に新築や立地によってもっと高額の家もありますので、参考程度にお考えください


ご自身の住み方に合わせて家のタイプを決めたら、今度は家のインテリアのタイプを検討しましょう。こちらも3タイプあります。

(a)家具付き (Furnished)

<photo credit: H is for Home Get their look: Moody blue bedroom via photopin (license)>

日本で引越しというと、引越し先に家具が無いのが通常ですが、海外の家では以前の居住者の家具が残っていることがよくあります。それが家具付きになります。
オランダに来て最初の家が家具付きであれば、基本的に机も椅子もベッドも冷蔵庫も洗濯機もあるので、とりあえず生活できると思います。ただし借りる前に何の家具があるか確認しましょう。家具付きと言っても、何の家具があるかは家ごとに違います。

(b)家具なし (Unfurnished)

<photo credit: Ian D. Keating English Harbor via photopin (license)>

日本の引越しと同様に、水周り(キッチンやシャワー、便器)はあるけど、後は住む人が買ってというスタイルです。冷蔵庫だけあったり、洗濯機だけあったりという事もあるし、前の住民が家具を売ってくれることもあります。オシャレに自分のインテリアを作るにはもってこいですが、当然初期費用がかかるのと、将来的に次の引越し先が家具付きだった場合、買った家具を処分する手間がかかります。

(c)何もなし (Uncarpeted)

photo credit: txmx 2 via photopin (license)

水周り(キッチンやシャワー、便器)はあるけれど、床板無し、壁塗装無しからのスタートになります。楽しそうなんで私的には一回借りてみたいんですが、生活できる様になるまでに時間がかかることでしょう。また退去の時に基本現場復帰になります。

一番最初は家具付きをお勧めします。住んでみたら寒いとか、駅まで遠かったとか、何かしらあります。土地勘や生活スタイルが出来上がるまでは再引越しも踏まえての賃貸選びをお勧めします。それに家具付きの家であっても、なんだかんだで最低限必要な物を揃えると初期費用は色々かかるものです。


続いて確認が必要なのが、
光熱費(ガス、電気、水道)とインターネットの料金が家賃に含まれて
いる(Utilities incl.)” か いない(Utilities excl.)” かです。

オランダの光熱費の料金は、前年度の平均値を毎月支払い、年末に今年度分の差額を支払いまたは払戻しされます。
例えば前年度の電気代1年分の総額12万とすると、今年度は12万÷12か月=月々1万の支払いになります。でも今年度の電気代1年分の総額が24万に増えてしまっていた場合、不足分の12万が年末にまとめて請求されます。そして来年度の月額は2万になるでしょう。

このように使った分をその月ごとに払うのではないため、年末に予想外の出費が考えられます。
オランダの電気代は高いので、初めての冬に電気ストーブをガンガン使ったり、毎日バスタブでお風呂に入るなど(追炊き機能は見たことないです。)してしまうと、後でびっくり仰天すること間違いなしです。

インターネットはほとんどの家についてますが、必ず確認しましょう。引っ越してからインターネットを新規で入れるとなると、ネットが使えるようになるまで時間がかなりかかると思います。


さて、続いては実際にどうやって家を探すのか?になってきます。

⑴仲介業者に依頼する
気になる仲介料金は家賃1~2ヶ月分くらいと、別途契約書の手数料がかかったりします。
年間の収入証明か高額の残高証明が無いと相手にしてもらえないと思います。仲介業者を介した物件の方が綺麗だったり家賃が少し安かったり、場所が便利だったりします。
(私は使った事が無いため、あまり参考にならなくてすみません。)
仲介業者を介した家探しは下記のサイトがあります。

funda

⑵有料の賃貸サイトで探す
有料の賃貸情報サイトに登録し、オンライン上での家探し方法です。
自分の希望(家賃や条件)を入力して検索すると空き部屋の情報が見れ、いいなと思ったら空き部屋の投稿者にメッセージ機能を使ってコンタクトを取ります。
投稿者は基本的に家のオーナーなので手数料や仲介料はかかりません。また詐欺の疑いのある投稿はサイト側がブロックしてくれることが多いです。

サイトの登録料金は月額2030ユーロくらいでしょうか。物件数は波があるので、登録したのに全然新しい物件が出てこないこともあります。

Kamernet

Woonnet

Kamernetは登録が自動更新されます。初期設定のままでは翌月も利用料が口座から引落しされてしまうので、マイアカウントのページで自動更新を解除することをお勧めします。
Woonnetは仲介業者の投稿が多いサイトです。

⑶掲示板やSNSで探す
Face Bookなどが物件数は多いですが、シェアタイプの情報が多いです。
*英語掲示板は詐欺も多いのでご注意ください。

日本語掲示板
オランダ掲示板

ばいばいねっと

英語掲示板
expatriates.com

craigslist nl

FBのグループ
Amsterdam Apartments 4 Rent

Kamers Gezocht/Aangeboden

Appartementen en Kamers Te Huur | Apartments and Rooms For Rent

*詐欺の見分け方*

Der Kredithai - The Loan Shark

まず住民登録ができるのに極端に安いのは怪しいと思いましょう。
次にコンタクトを取ってみて、メールの返信内容が長文な時は怪しいと思いましょう。
メール文の中に、今はオランダにいない内見はできない敷金を振込んでくれたら鍵を渡すなどという文章があったら詐欺です。
詐欺でないとしても、内観ができない家を借りることはやめましょう。
貸す側も借り手の顔を見ないで契約することはないでしょう。また家を借りる時は必ず賃貸契約を結びますし、お互いの電話番号も交換するのが一般的です。
メールのやり取りだけでお金を振り込んだら鍵をくれるってな事は無いです。

アムステルダムは年々家賃が高騰してます。そして人気の高い物件には入居希望者が沢山集まるため、内見日時はオーナーが指定してきて、その日に希望者が見に行くという事が多いです。
ですが早い者勝ちという訳でもなく、希望者の誰に貸すかはオーナーが選びます。オーナーとしてもちゃんと家賃を払って綺麗に使ってくれる人が理想なので、内見の時は印象良く笑顔で接した方が確率は高いと思います。(シェアの場合は早い者勝ちも多いです。)

人種差別が無いとは言えないので、アジア人は断られたりする事もあります。ですが日本人は綺麗好きで家賃も滞納しないという噂も出回ってることが多く、優遇される事もあります。

内観の時に家の詳細を聞くとともに、地域や近所が安全かどうかも確認しましょう。

そして、もう一つ確認が必要で大切なのが、市民税です。
住所登録すると、市民税(下水やゴミ処理費)が毎年3月頃に1年間分請求されます。市町村ごとに金額は異なりますが、単身者で総額350ユーロくらいの支払いになると思います。またそれとは別に建物の管理費が掛かる家もあります。
これらの税金やその他の費用が家賃に含まれているか、または別払いかの確認も事前に取りましょう。


家が決まったらオーナーと賃貸契約を結びます。

Large CPG Companies Continue to Explore Their Packaging Options

契約に伴って、自分のIDのコピーを渡すことになります。

*その他必要な書類はオーナーに寄りけりですが、収入証明またはジョブコントラクトのコピーを求めてくることが多いです。
(オランダ到着後の最初の難問がココです。仕事を始めるためにビザが必要で、ビザのために住所が必要で、住所(家)のために仕事が必要、、、という魔のループに引っかかることがあります。ここをクリアするには、ID以外のコピーを求めないオーナーを探すか、自分の状況を説明して残高証明で説得する等になると思います。
私の時は、既にオランダに住んでいて働いてる友人と一緒にアパートを借りたので、友達のジョブコントラクトでクリアしました。でも仕事は何してるとか、いつからオランダにいるかとか色々質問はされました。状況を丁寧に説明して分かってもらうしかないかもしれません。
今はその家は引払い、お互い別のスタジオを借りてますが、この時はお互いIDだけで契約できました。)

契約書はオーナーが用意してくれますが、サインする前に必ず読みましょう。オランダ語表記の場合(読めない場合)はオーナーに読んでもらいましょう。
契約書にサインをしたら、敷金(deposit)(通常1ヶ月分。退去の時に問題なければ返ってきます。)と最初の月の家賃を払って、鍵を受取って契約完了です。
(オーナーのサインの入った契約書を必ず受け取りましょう。またオーナーの連絡先や、家賃の支払方などの確認もお忘れなく。)


契約書があれば入居日の1ヶ月前から住民登録が可能だと思います。ただし前の居住者が住民登録を新しい住所に移動していないと自分の登録はできません。

その他、アムステルダムの家や税金に関しては市役所のホームページが分かりやすいです。http://www.iamsterdam.com/en

あとはどこに住むかによって、利便性や街並みが変わってきます。
仕事や学校など毎日行く所は自転車で通える範囲が楽ですし、バスやトラムの駅が近ければ雨の日も困りません。
アムステルダムは小さい都市ですが、地区によって特徴も違います。市役所の地図を貼り付けましたので参考にしてみてください。


*合わせて読みたいオススメブログ*

2017年1月16日 ”オランダで事業登録”

2017年1月23日 ”オランダで口座開設”

2017年1月30日 ”オランダの税金”

2017年5月1日 ”オランダに行く前にすること”

2017年5月8日 ”オランダで仕事を探す”

2017年5月15日 ”オランダで個人起業ビザを取るには”

2017年5月22日 ”アムステルダム住宅事情と家探し”

2017年5月29日 ”オランダに到着してからすること”